おもしろ/ネタ

大人気プロレス漫画『キン肉マン』のバッファローマンのテーマソングを勝手にプロデュースしてみた。

平井翔馬

シンガーソングライター/トータルクリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

【バッファローマン / ハリケーン・ハゲ】

少年ジャンプ黄金期を支えたプロレス漫画の金字塔『キン肉マン』の大人気キャラクターであるバッファローマンのテーマソングを勝手にプロデュースしてみました。

キン肉マンといえばプロレスを題材とした日本一の漫画と言っても過言ではないでしょう。累計7500万部の売り上げを誇り、登場キャラクターを模った消しゴムである"キン消し"は1980年代子供達の間で圧倒的なブームとなり社会現象を巻き起こしました。ギャグ要素もふんだんに盛り込まれており、1979年から週刊少年ジャンプで連載が始まると瞬く間に看板漫画になり、1987年に連載終了をしてからも人気は衰えず、キン肉マン2世が1998年に連載開始となると新旧のファンの間で大変話題になりました!当初ギャグ漫画としてスタートした頃から、終盤シリアスなバトルモノになるまで描き間違いがとても多いことが有名で、人気バラエティ番組アメトーークで特集されたり、ファンの間でもとても話題になっています笑。ありえない間違いが多すぎる!なのに圧倒的に面白い、それが人気の秘訣だと思います!笑。また当時の漫画では大変珍しい、登場キャラクターを募集したことでも有名で、現在ゲームや漫画界では当たり前のように行われている読者募集の先駆け的作品である、当時は2ヶ月で16万通を超える応募があったんだとか。
また漫画やゲーム業界のみならず、主人公のキン肉マンの大好物が牛丼という理由から大手牛丼チェーン店の吉野家とも度々コラボレーションしたり、また毎月29日をニクにちなんでキン肉マンの日にしたりと、日本経済界にも大きな影響を与えました。今年の6月には連載40周年を記念し、29号に読み切りも掲載されファンを喜ばせてくれました!

現在は日本のプロレス界も盛り上がっており、新日本プロレス所属の棚橋選手をはじめとしイケメンレスラー選手も多数おり、過去最高の盛り上がりを見せています!また強面の選手も朝の情報番組でスイーツを紹介したりと幅広い活躍を見せていますが、そのプロレス選手の間でもファンが多いことで有名なのがこのキン肉マンです!僕もあまりプロレスは見ませんが、キン肉マンは大好きです!

そんな作品の中から今回は、元々は敵キャラにも関わらず改心し味方となり、一二を争うほどの人気を博したバッファローマンにスポットをあて勝手にプロデュースしてみました。登場時は悪魔に魂を売っていましたが、一度の死を経て改心し正義超人として生まれ変わったバッファローマン。正々堂々とした姿勢や、圧倒的パワーを誇り敵の時から大人気でしたが、シリーズ中盤、正義に改心するある場面でカツラであることをカミングアウトするという意表をパワープレイで読者の注目を掻っさらいました笑。作者のゆでたまご先生も想像を絶するほどの不評で、それ以来カッコ良く強い憧れのキャラクターだったバッファローマンの立ち位置が一気にハゲキャラに変化し、これも当時は相当話題になりました。笑。
薄毛に悩む多くの人に希望と絶望を同時に与えたこのシーンですが、連載していた当時よりも医療技術も発達し、カツラも成功になった現在でも語り草になっていますね笑。当時バッファローマンのこのシーンに託つけた育毛剤もあったとかないとか笑。

ということで、今回はそんな僕も大好きな漫画であるキン肉マンを題材に、ゆでたまご先生とその作品に多大なるリスペクトを込めて、バッファローマンのテーマソングを勝手にプロデュースさせて頂きました!

ということでどうぞお楽しみください!

…続きを読む