おもしろ/ネタ

大人気ギャグアクション漫画『ワンパンマン』のテーマソングを勝手にプロデュースしてみた。

平井翔馬

シンガーソングライター/トータルクリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

【ハゲマント / それいけ!ワンパンマン】

現在も集英社のとなりのヤングジャンプにて大人気連載中の漫画『ONE PUNCH-MAN -ワンパンマン-』の主人公、ハゲマントことサイタマのテーマソングを勝手にプロデュースしてみました!

ONE PUNCH-MANは、就職活動に行き詰まっていた主人公サイタマが、ある日道で怪人に襲われている顎の割れた少年を助けることから幼き日の自らのヒーローになるという夢を思い出し、そこから3年かけて鍛え上げまくった結果どんな敵でもワンパンチでやっつけられるほど最強になってしまい、逆にまた無気力な日々を過ごしていくと言った、ギャグ要素の強いアクション漫画です。あの国民的アニメアンパンマンを文字ってワンパン(ワンパンチの意)というこの漫画の最重要要素を表したとても秀逸なタイトルで瞬く間にファンを獲得し、その内容の面白さ、また少年ジャンプでかつて大人気だったアメフト漫画"アイシールド21"の作画を担当していた村田雄介先生の大迫力の絵もあいまって国内外問わず大人気の作品です。この作品が連載になった経緯もとても特殊で、原作者であるONE先生がインターネットでこの公開していたところを村田先生が読み、Twitterのダイレクトメールを使ってコンタクトをとり二人での共作がスタートしたんだとか。それがヤングジャンプ編集長の目にとまり、新企画として立ち上がった「となりのヤングジャンプ」の看板作品として連載がスタート。なんともSNSがなくてはならないものになっている今の時代っぽい始まり方ですよね。笑。2015年に一度アニメ化されましたが、大人気のため去年2019年の4月にも第2期が放送され、まだまだこれからの人気が続いていきそうです。もちろん僕も大ファンで連載開始時からずっとこの作品を読んでいます!

主人公の名前がサイタマですが、2019年は埼玉がなぜか本当に大盛り上がりで、こちらも漫画原作で映画化された「翔んで埼玉」がなんとイタリアで開催された第21回ウディネ・ファーイースト映画祭で上映され、武内英樹監督は「テルマエ・ロマエ」シリーズ2作に続き3度目のマイ・ムービーズ賞を受賞しました。この賞は視聴者に寄るネット投票で決まる賞で大変名誉ある賞で、本当におめでたい限りですね!2020年には1月21日には地上波での初放送も決まっており、ますます埼玉、そして今回の動画の主役であるサイタマの盛り上がりが大きくなることは間違いないでしょう笑

ということで、今回はそんな僕も大好きな漫画であるONE-PUNCH MANを題材に、ONE先生と村田先生お二人とその作品に多大なるリスペクトを込めて、ワンパンマンのテーマソングを勝手にプロデュースさせて頂きました!

ということでどうぞお楽しみください!

…続きを読む