モノ/ガジェット

Nikonの本気を見た!5000円の中古コンパクトフィルムカメラが初心者におすすめ!

平岡雄太

自分らしいおしゃれを楽しむ服好き男子

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

最近流行っているフィルムカメラ。歴史が古い分、バリエーションが多いのも魅力の1つです。
そんな中で、最近僕が買った激安のコンパクトフィルムカメラが予想以上に優れた逸品でした。ぜひフィルムカメラを手にしたことのない人にもお勧めしたい一品です。

・・・

それが、今回紹介する「Nikon L35AD」。プラスチック製のボディは安っぽいといえば安っぽいですが、なんと中古で5000円という破格の安さ。これが意外といい描写なんです。
逆光では強めのフレアが出て、明暗のグラデーションも繊細に映し出してくれます。また、カリッと解像感のある描写で、ありのままを忠実に再現してくれます。

実はこのカメラで特筆すべきなのは「レンズ」。フィルムカメラで一般的なのは「テッサー型」と呼ばれるレンズ。コンパクトでそこそこ写りもいいのが特徴です。
一方で、このカメラで採用されているレンズは「ゾナー型」といって、現在の一眼レフにも使われるほど、描写力に定評のあるもの。焦点距離は35mm/開放F値2.8の標準画角で、Nikonがこのカメラのために写り重視のゾナー型を開発・搭載しました。一部の熱心のファンはこのレンズを一眼レフ用に改造してしまうという噂も。

操作は基本的にオートフォーカスで自動露出。カメラを構えてレンズを覗き、シャッターを切ればもう撮影可能です。細かい撮影設定ができない分操作が簡単なので、「写ルンです」からのステップアップにはもってこい!

・・・

Nikonが初めて開発したコンパクトカメラということで、どこまで手を抜けばいいのかわからなかったという噂もあるカメラ。フィルムカメラにまだ手を出せていない人も、お手軽価格かつ実力派のこのカメラをぜひ探してみてください!

より詳しく知りたい方は、下記の動画も合わせてご覧ください!
http://bit.ly/2obH9s3

…続きを読む