モノ/ガジェット

念願の中判フィルムカメラを購入!クラシックな面持ちの「Plaubel Makina 67」

平岡雄太

自分らしいおしゃれを楽しむ服好き男子

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

普段からよくフィルムカメラを使っているぼくですが、ようやく念願だった中判のフィルムカメラを購入しました。それが「Plaubel」というメーカーの「Makina 67」ですが、このカメラを選んだ理由などをご紹介します。段々と沼にはまっていきそうです...

・・・

Plaudelは、もともとドイツのカメラメーカーでした。このメーカーを日本のカメラ販売の会社が買収し、Plaudelの名前で販売したのがこのカメラなのです。メーカーではないからこそ、既存のものに囚われずに欲しいものを全て入れてしまおうという勢いで、このカメラは作られました。実際、ボディは当時人気のあったKONICAが設計し、レンズはNikon製という夢のようなタッグが実現しています。

そもそも僕はずっと35mm版のフィルムカメラを使っていて、せっかく新しいカメラを買うなら6×7版という少しグレードの高いものがいいということで探していました。
しかし、6×7版はサイズが大きいのが悩みの一つ。比較的コンパクトなものを求めていたところ、このカメラに出会いました。

まず目を引くのは、クラシックな雰囲気を漂わせるジャバラ式のレンズ。使わない時には格納しておけるので、見た目以上に機能面でも優秀です。
また、本体も他の中判カメラと比べてコンパクト。畳めるレンズと併せて、最小限の大きさでカメラを持ち運ぶことができます。

評判がいいのが搭載しているニッコールレンズ。中判用のニッコールレンズを採用しているカメラは数が少なく、写りの良さからも中古市場でとても人気が高いです。その希少性だけでも買う価値がある一品です。

・・・

フィルムカメラはただでさえフィルム代や現像代などでお金がかかります。中判だとさらに値が張りますが、せっかく買った宝物。しばらくたくさん使って自分に馴染ませていこうと思います。

このカメラを詳しく知りたい方は下記の動画もご覧ください。
http://bit.ly/2OczQcB

…続きを読む