モノ/ガジェット

11本を集めたおしゃれなメガネ愛好家が選ぶ、特にお気に入りのメガネを3つ紹介!

平岡雄太

自分らしいおしゃれを楽しむ服好き男子

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

ファッションが好きなぼくがここ最近ものすごくハマっているのが、メガネ。
ほぼほぼ毎日かけていますが、同じメガネだとどうにも飽きてしまうということで色々な種類を買い足していたらいつの間にか11本にまで増えていました。

メガネをかけている方は多いかもしれませんが、なかなかここまで使い分けている方は少ないのでは無いでしょうか。今回は、ぼくの手持ちのメガネの中でも特にお気に入りの3本をご紹介します。

・・・

1つ目はぼくが初めて買ったのが「Thom Browne」のメガネ。世界的にも有名なファッションブランドメガネが、ぼくがハマるきっかけにもなった1本です。

セルフレームっぽいフロント部分に対してサイドのテンプル部分はメタル素材を使っています。この2トーン感がクールで気に入っています。テンプル先のトリコロールもワンポイント。
付けてみると、太めなセルフレームなだけあってメガネの存在感は十分。フォーマルっぽい服装やジャケットと合わせた優等生っぽい格好などに合いそうです。

2つ目は線がとても細くミニマル感の強さが特徴的なメガネは、フランスの老舗ブランド「Cutler and Gross」から。70年代のデッドストックです。

ヴィンテージ品ということで今の時代にはなかなか見ないストイックなデザイン。糸のような細さや直線の美しさは繊細ながらどこか力強さを感じる見た目ですが、掛けてみてもフレームの線の細さのおかげで意外と主張はなく、様々な服装に合わせることができます。かなりヘビロテしている一本です。

そして最近登場機会が多いのが、3本目に紹介する「MYKITA」というドイツの新進気鋭のブランドのメガネです。このブランドは、先進的な見た目と使い心地の良さを両立しているところが大きな魅力。

鉄を引き伸ばして作るメタルシートによる極薄のフレームは、圧倒的な軽さと薄さを備え1日かけていても全く疲れません。伸縮性もあり顔に合わせてフィットしてくれるので、完全にストリスフリーな一品。さらにこのメタルシートによってメガネの見た目も良くしてくれているのもさすがの一言。
掛けてみると、レンズは丸くて大きめで顔周りにしっかりポイントを作ってくれるのがわかります。それでいて線の細いフレームを使っているので色々な服装に合わせやすいのも嬉しいポイントです。

・・・

他にもまだまだ紹介しきれなかったメガネ達がたくさん。服を選ぶようにメガネを選べると、ファッションのまた違った側面を楽しめるかもしれません。

他のメガネも見たい方はこちらをどうぞ!
http://bit.ly/2PxiFTI

…続きを読む