モノ/ガジェット

散らかるメガネをインテリアに!ヌメ革でできた Hender Scheme のメガネ掛け

平岡雄太

自分らしいおしゃれを楽しむ服好き男子

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

皆さんは普段、どのようにメガネを収納していますか?

机の引き出しにしまうのも、一つ一つケースにしまうのも、雑にしまう訳にもいかず意外とかさばりがちなのがメガネ。メガネがかなり好きなぼくが持っているのは12本。この悩みも相当なものです。

そこでぼくが使っているのは Hender Scheme の壁掛けタイプのメガネ掛け。一石二鳥とはまさにこのことで、皆さんに自信をもって勧められるアイテムです。

・・・

そもそも Hender Scheme は革製品のブランドで、ユーモア溢れる革小物などを展開。紹介しているメガネ掛けもヌメ革を使用しており、使い込んでいくことで経年変化を楽しめます。

このメガネ掛けの構造はとてもシンプル。分厚い一枚革でできた本体の中央部分を折り返して、金具で留めただけです。メガネをしまう時はこの金具を外してフレームを挟み込むようにして留めます。簡素ながら、極細のフレームでも滑り落ちず、なかなか使い勝手が良いです。

そして、このメガネ掛けは平置きはもちろんのこと上部の穴をフックに掛けて壁に固定することも可能。ヌメ革のナチュラルな印象はインテリアとしてよく馴染んでくれます。

・・・

ぼくのように大量のメガネを持っていなくても、3本がしまえるSサイズも。多くの人にはこちらの方がぴったりかもしれません。

収納場所をとらず、インテリアとして馴染んでくれる。一石二鳥の Hender Scheme のメガネ掛けで、日常のストレスがアクセントに変わりました。

購入はこちら!
https://bit.ly/2Uu5ndb

…続きを読む

モノ/ガジェットの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る