タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【江東区】梅の見頃はいつまで!? 2022年3月 梅まつりが終わった後の「亀戸天神社」の梅の様子は?

hiro-m

地域ニュースサイト号外NETライター(東京都江東区)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

江東区をママチャリで走り回っている地域ニュースサイト号外NETライターのhiro-mです。

梅まつりは終わったけれど、まだまだ見頃! との噂を聞き、亀戸天神社(亀戸天満宮)へ行ってきました。

梅まつりの期間は2022年2月5日(土)〜3月6日(日)まで。境内には300本を越す梅が植えられていて、例年ならば梅まつりの時期に見頃を迎えます。

SNSの様子から今年は開花が遅れているとの噂を聞きつけ、梅まつりが終わった後の亀戸天神社へ参拝してみることにしました。境内の梅の木は、ほぼ開花し今が満開な印象です。これは! まだまだ楽しめそう〜!

写真撮影日は2022年3月11日(金)

既に見頃が終わったものもありますが、これから咲きそうな様子の梅の木も。陽当りの関係でしょうか?  同じ種類でも咲き終わりの枝もあれば、まだ蕾の枝もあり様々な様子です。

一口に梅といっても色々な種類がありますね。木々には名札がついているので花びらの違いを見ながら観賞するのも◎。

1本の木から白とピンク(紅)の花びらが咲いている木もありましたよ。いわゆる「源平咲き」ですね。見つけられたらラッキーです!

梅まつりが終わったということもあってか、境内は人も少なく、ゆっくりと観賞することができました。

合格祈願や学業成就の神様、菅原道真公が御神祭ということもあって、例年1月〜2月は受験生のお詣りが多い亀戸天神社です。

境内にはこちらの絵馬がたくさん奉納されていました。絵馬に描かれている和歌は、菅原道真公が5才の時に詠んだもの。5才…!

境内は24時間参拝できますので、平日の朝はより静かな観賞が楽しめると思います。通勤や通学で亀戸を通過している方も、朝散歩にいかがでしょうか?

梅が楽しめるのもあとわずか! 是非立ち寄ってみてくださいね。

【施設情報】
亀戸天神社(亀戸天満宮)
住所:東京都江東区亀戸3-6-1
電話番号:03-3681-0010

<営業時間>
境内24時間参拝自由
夜間・早朝の参拝は、防犯上 複数名での参拝をオススメします

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想