モノ/ガジェット

1TBを手の中に。書き出しも高速な超小型&軽量SSD「FLASHGET」

堀口英剛

暮らしのモノを集めるメディア「monograph」運営

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

日常的にパソコンを使う上で、「容量管理」は結構大事なポイント。ぼくはほとんど全てのファイルをクラウドで管理していましたが、最近は動画ファイルなどが圧迫してストレージが足りなくなってきています。

そんな中で最近流行っている外部SSDを試してみることにしました。ぼくが選んだのは「FLASHGET」というスティック型の商品。これ、かなり優秀なアイテムなんです。

・・・

この商品のポイントは大きく分けて3つ。1つ目はとにかく小さくて軽いこと。通常50gくらいの外部SSDですが、このFLASHGETはなんと20g。持ち運んでいて全く重さを感じません。
ちなみに、端子はUSB-Aですが、付属しているアダプタを使えばUSB-Cにケーブルレスで対応可能。大抵の場合必要なケーブルを削減できるのはとても便利です。

2つ目に、とにかく容量が大きいところ。最大で1TBまで保存できるので、重いファイルなどを取り扱う方にも十分な容量を装備。この中に起動ディスクを入れてPC化することもできてしまいます。

3つ目は、とにかく通信が速いこと。13GBのファイルを10秒程度で動かせるほど、重い動画ファイルなども一瞬で移動させることができます。書き出しの速度も速く、重い素材もSSDから直接移動させながら編集できます。

確かにあまりにも小型・軽量なため、大事なデータを入れておいて紛失した場合のリスクはあります。ぼくは基本的に、バックアップとしてクラウドを活用しながらFLASHGETを愛用しています。

・・・

出張が多い人やノマドワーカーにとっては、クラウドを使うとどうしてもパフォーマンスは通信環境に依存してしまいます。たった20gでPC1台分の容量を持ち歩く快適さ、一度使い始めるとその利便性から離れられなくなりますよ。

詳しく知りたい方はこちらをどうぞ!
https://www.youtube.com/watch?v=YRY1VEvZ4Uw

※この商品はメーカー様よりレビュー用にサンプルをご提供いただいたものです。

…続きを読む

モノ/ガジェットの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る