タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【大阪・中崎町で開店前から毎日行列】だれでもSNS映え!全員20代の次世代パティスリーhannoc!

いでくん

スイーツ王子/インスタグラマー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

まいど。スイーツ王子 いでくんです。

大阪は中崎町には、
わざわざ行きたいパティスリーがある。

関西で今最も注目を集めていると言っても過言ではない、
パティスリーカフェ hannoc(ハノック)。
土日はもちろん、平日ですら行列をつくる人気の理由をまとめてみた。

バレンタインイベントでスイーツ王子 いでくん とのコラボケーキ
バレンタインイベントでスイーツ王子 いでくん とのコラボケーキ

このお店で働くのは全員20代、次世代を担うパティシエたち。

パティシエの離職率は1年以内で70%、3年以内で90%。 10年以内には99%。
つまり、10年後に残っているのは100人のうち1人だけ、というデータがある。
理由はきっと様々あれど、そんな業界の中で新しいスタイルで注目を集めるのがこのhannoc。

キラキラした笑顔の若きパティシエたち
キラキラした笑顔の若きパティシエたち

一流ホテルや有名パティスリーで経験を積んできた実力派揃いの20代のパティシエが主役。
ピラミッド型の縦社会ではなく、フラットにみんなが自立して「楽しく」働けるお店。
本当に人の手でやらないといけないことだけ残して、システムやツールを使って簡素化。
売り方や伝え方、ケーキの値段や価値も変えていこうとチャレンジしている。

hannocという店名も、空気を構成している物質、窒素(N) 、酸素(O2) 、アルゴン(Ar)、二酸化炭素(CO2)、ネオン(Ne)、ヘリウム(He)の頭文字を組み合わせた造語。いろんなものが混ざり合って存在する空気のように、いろんな個性や可能性が集まって、みんなでこの場所をつくっていきたいという想いから。

美しく映える空間に、作り手の顔が見えるパティシエのステージ。

スタイリッシュなモルタル調の空間は、外の光が入る明るい店内。
ガラス張りのオープンキッチンで美しいケーキを作り出すパティシエの動きを間近で見られるライブ感もhannocの特徴のひとつ。

つくる人と食べる人、売り手と買い手の「接点」をできる限り多く持てる開放感。

次々とケーキが作られていくオープンキッチンが見れるカウンター席は特等席。

テイクアウトだけでなくイートインにも行列ができるのは、ケーキが映えるこのスタイリッシュな空間が人気の理由。思わずカメラやスマホでシャッターを押す指が止まらなくなる。

伝統製法を大切に、次世代の若い感性で新しさをプラスした現代的なケーキ。

もちろん、ショーケースに並ぶケーキの考案も20代の若きパティシエたち。
一流ホテルや有名パティスリーで経験を積んできた実力と、若いみずみずしい感性が生み出すケーキは、味の組み合わせやビジュアルも斬新で個性的なものも多い。

フランス語で雲という意味の「ニュアージュ」はオープン以来不動の一番人気のケーキ。ふわふわしたフォルムが印象的。

こちらもオープンのときから人気の「パリブレスト」はhannocらしさが感じられる。hannocをはじめて訪れたひとは、まずこちらから。

期間限定販売だった、桃とバラをふんだんに使用した美しいhannoc初のパフェ。コンセプトは「1日の終わりのご褒美に」。

hannocオリジナルブレンドのコーヒーを使ったミニクグロフ。ラテアート風のハートはブロンドチョコレートで描かれている。

明治時代に考案されたというバターサンドもhannocが現代風に。

店  名:hannoc (ハノック)
住  所:大阪府大阪市北区万歳町4-12
営業時間:11:00~18:00
定 休 日:なし

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想