タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

新聞を1枚単位で切り取る時には、この「ロータリーカッター」が便利です

猪口フミヒロ

文房具ブロガー&ライター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

気になった新聞記事があったらノートにスクラップするようにしています。こうしておけば、何度でも読み返すことが出来るからです。でも、ついつい後回しにしてしまって、何日か経ってから思い出して、古新聞を大捜索することが数ヶ月に一度あります。

こんなことを防止するために、カバンの中にカッターナイフとスティックのりを常備しておいて、気になった記事を見つけた瞬間に切り取って貼るようにしています。ただし、穴ぼこだらけの新聞は、同居している家族から苦情が出るので要注意です。

基本は、仕事から帰ってきて風呂上がりに作業します。新聞を再度読み返して気になったところを切り取ってスクラップするようにしているのですが、何とか良い方法はないのもでしょうか?風呂上がりにスティックのりを使うというのも嫌です。

こういうとき活躍するのが「ロータリーカッター」です。

僕が愛用しているオルファのロータリーカッター

こういうストレスを軽減するために最近編み出したのは、「ロータリーカッター」を使って気になった記事が掲載されている新聞を1枚単位で切り外し保存しておいて、日曜日に時間のあるときにゆっくりとスクラップするという技です。

これならば日付けもわからなくなることがありませんし、冷静に作業できるので綺麗に貼り付けることが出来ます。この「ロータリーカッター」は、ミシン目に切れるスグレモノなのです。これで縦に切り込みを入れれば、ミシン目に沿ってピリピリと切り離せます。

ちょっと強めに切り込みを入れてしまっても、ミシン目状態ですから欲しい部分だけ取り外して、あとの不要な部分は新聞についたままにすれば良いのです。古新聞がバラバラにならないので、とても便利です。

僕はこの方法を編み出してから、毎日「ロータリーカッター」を使っています。

この「ロータリーカッター」一本持っていると便利ですよ。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。

よろしかったら、僕のメインブログ『本と文房具とスグレモノ』も読んでくださいね。文房具情報満載です。毎日、朝6時に更新です。

では!

シェア

いいね

コンテンツへの感想