タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

万年筆インクをより楽しむために、つけペンを買ってきたのでレビューします

猪口フミヒロ

文房具ブロガー&ライター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは!文房具ブロガー&ライターの猪口フミヒロです。

今日は、セーラー万年筆株式会社が、昨年(2021年)12月に発売しました万年筆ペン先のつけペン「hocoro(ホコロ)」を買ってきたので、そのレビューをします。ペン先がペン軸に収納できるタイプの筆記具なので、ペンケースにも気軽に入れることが出来て良いと思います。

では、実際に書いてみましたので、その時に感じたことを紹介していきますね。

セーラー万年筆株式会社の万年筆ペン先のつけペン「hocoro(ホコロ)」
セーラー万年筆株式会社の万年筆ペン先のつけペン「hocoro(ホコロ)」

お手軽なつけペンで楽しもう!

この万年筆ペン先のつけペン「hocoro(ホコロ)」は、万年筆インクをより簡単に手軽に楽しむことが出来るように開発された筆記具であります。こういうタイプのつけペンは以前からありましたが、お手軽価格になって市場に投入されました。ありがたい話ですね。

万年筆のように使うたびに洗浄したりインクの入れ替えを行う必要がなく、ペン先についたインクを水で洗い流すだけで簡単に色替えができちゃいます。インク沼にはまってたくさんのインクをお持ちの方は、こういうアイテムがあると便利ですよ。

ガラスペンよりも機動力があるのではないでしょうか?家の中に眠っている万年筆インクをあらためて使ってみたり、文字を書くだけでなく絵筆のように使って色を混ぜて描画してみたりと、万年筆ではとてもハードルが高い芸当も簡単に出来ちゃいます。

では、実際に書いてみましょう

使い方がわからなかったので、最初はインクをつけすぎました。万年筆と書いたところが最初に書き始めたところです。インクがたくさん溜まって光っているのがよくわかりますよね。その次に、自分の名前を書いたあたりからコツがわかってきました。

万年筆のペン先を採用しているだけあって、書きやすいです。ペン先が2種類あるので、自分の好みの方をチョイスするといいでしょう。僕は、1mm幅タイプを購入しました。こちらの方が、面白みがある字が書けるかなと期待したのです。

一度インクをつけてしまえば、100文字くらい書ける感じです。こういう遊びココロのある筆記具を持っていて、簡単なメッセージを書いたり、ハガキを出したりするの良いですよね。是非とも、文房具屋さんなどでお試しいただいて、買ってもらいたいです。絶対に買いです。

価格は本体¥1350(税込¥1485)です

では!

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想