専門マスター

  • いいね

[リール考]シマノ派から見たダイワの羨ましいところ。

ikahime

バス釣りブロガー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは、バス釣りブロガーのikahimeです。

今回はシマノリールとダイワリールの構造を比較し、ダイワが優れている点を探っていきたいと思います。

まずはシマノの良さを確認してから、ダイワの羨ましい点をご紹介します。

筆者のバス釣り歴は6年ほど。歴は短いですが、インプレ記事執筆のため両社リールを数十台試しました。
また、自分でフルオーバーホール(分解)することが出来ます。

シマノの良いところ

構造がシンプル

シマノは基本的に構造がシンプルでメンテナンスが楽チンです。(機種にもよる)

そのかわり飛び道具的な面白機構は少ない。素材の良さで勝負する、といった作りですね。

カスタムしやすい

比較的カスタムがしやすい構造です。例えばクラッチがビス一本で交換可能

一方でダイワは、クラッチレバーはクラッチバーに貫通する方式で装着されているため、クラッチレバー交換するためにはサイドプレートを開ける必要がある。

かっ飛びチューニングキットは本当にかっ飛ぶのか。AIR HDを試したゾ。

また、ベアリング交換も容易です。メカニカルブレーキキャップを外すとすぐにスプール軸ベアリングにアクセス可能です。

社外品のベアリングに交換する際に非常に便利です。

一方でダイワリールはキャップを外しても「フタ」があり、ハンドルとサイドプレートを外さないとベアリングが交換できません。

ギアが滑らか

ハンドルを回したときのとにかく滑らかな回転感覚。私がシマノ製品に惚れ込んでいる最大の理由です。

シマノは自転車のギアも製造しているいわば「ギア屋」さんなのでハイレベルな仕上がりです。

とはいえ最近はダイワの巻き心地も良くて、もはや好みの問題という次元です。ジリオンやリョーガとか普通にヌメヌメだもんな…

両社には「巻き感のフィーリング」に違いがあります。(ここは言語化するのが難しいところです。)

遠心ブレーキのフィーリング

あとは失速感が少ない遠心ブレーキのフィーリングですね。

シマノ SVS、SVS∞(インフィニティ)ブレーキの世代ごとの種類と特徴。

特に2016年以降のリールに搭載されたSVS Infinity(白いブレーキシュー4つのSVS Infinity)。

ブレーキ調整のしやすさや、キャストフィーリングが大幅に向上しました。

メインギア&ピニオンギアを注文できる

シマノは全てのパーツを単体注文可能です。特にメインギア&ピニオンギアを注文できるのはありがたい。

自分でメンテナンスする場合は強いです。

ダイワの良いとこ

続きまして、ダイワの羨ましいところをまとめました。

デザインがカッコイイ

ダイワはとにかくデザインがカッコイイ。純正ですでにカスタム感が出ています。

ガンダム的というか、男心をくすぐる無骨な印象です。

ハンドルノブのデザイン

ダイワはハンドルノブが精悍なデザイン。シマノの純正ノブよりべた付きも発生しにくいですね。

上写真はZAIONハンドルノブ

ZAIONスタードラグ

ZAIONスタードラグのデザイン性の高さや操作のしやすさもポイント。

ZAIONとは、DAIWAが開発した軽くて、強く、腐食しない高密度カーボン素材のことである。 その剛性は金属であるマグネシウムに匹敵する。

ハンドルノブと併せて、ダイワは純正状態でありながら適度な「カスタム感」の表現がされています。

TWS(Tウィングシステム)

第3世代目というTWS(Tウィングシステム)

T字型のレベルワインドで、巻き取り時はT字の下部分、キャスト時はT字の上部分を使ってスムースなライン放出を支援します。

ハイエンドモデルであるスティーズSV TWも含め、ダイワリールの多くのモデルに装備されています。

抵抗の少ない放出感が本当に気持ちいいです。

特にPEラインセッティングでは、ノットの抜けがよく好相性です。

軽量ルアーを突き詰めるとマグブレーキ

超軽量ルアーのキャストはダイワのマグブレーキが優勢です。

シマノのSVSはブレーキユニットがスプールに付くため、スプール自重が増えて軽量ルアーを扱う際には不利になります。

軽量スプールの方が、回転の立ち上がりが鋭いため軽いルアーを投げるのに向いています。

軽量ルアーにはマグが有利なのは、シマノのベイトフィネスリール、’16アルデバランBFSが例外的にマグネットブレーキを採用していることからも明らかです。

SVスプールによるトラブルフリー性能

ダイワのSV(ストレスフリー・バーサタイル)スプール+熟成したマグブレーキによるトラブルレスな使用感

バックラッシュが極めて少なくとても快適です。

シマノも穴あきのMGLスプールで対抗していますが、トラブルレス性能はSVスプールが一枚上手です。

ダイワはブレーキ調整が20段階だけ。シンプルなのもトラブルレスに繋がっています。

ダイワを選ぶ理由

  • ベイトフィネスを極めたい
  • カスタムせずにカスタム感を味わいたい
  • トラブルレスを重視したい
  • TWSの抜けの良さが欲しい

そんなケースですとダイワリールを選んだ方が幸せになれます。

私の場合はシルキーな巻き心地にほれ込んでシマノ派になりました。でも、特にベイトフィネスについては一歩秀でているのはダイワリールですね。

それぞれあるメリットのどこを重視するか、というところで選ぶ感じになると思います。

シェア

いいね

コンテンツへの感想