壱岐紀仁

映像ディレクター、シネマトグラファー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

1980年、宮崎県生。映像ディレクター、シネマトグラファー。民俗学的な見地に立ち、人の営みや心に寄り添う作風で、撮影から演出・編集まで全て手掛ける。企業CMや官公庁・大学法人PV、ミュージックビデオ等を手がける他、作品作りも精力的に行う。短編映画がバンクーバー国際映画祭や釜山国際映画祭、SCOPE New Yorkなど国内外で高い評価を受ける。落語を題材とした初の長編監督作となる映画「ねぼけ」がモントリオール世界映画祭に正式出品、2017年全国公開。

関連タグ
関連リンク

コンテンツ一覧 1件