タイトル画像

【福島市】待望のスタート。4種類の鍋焼きうどんを、あつあつ、ふぅふぅ、召し上がれ。

Ikuko Sato

福島応援ライター(福島市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

9月にもご紹介した「阿武隈うどん正伍郎」で、秋冬限定の鍋焼きうどんが本日(10/20)からスタートしました。待ち焦がれたファンの方も多いことでしょう。

「阿武隈うどん正伍郎」の鍋焼きうどんは4種類。

「天ぷら鍋焼きうどん」は、焼き餅と正伍郎自慢の大きなエビ天がのった鍋焼きうどんの王道で、具もたっぷり。

調理前の「天ぷら鍋焼きうどん」。実際にはぐつぐつ煮込んでから提供されます。(1210円・税込)
調理前の「天ぷら鍋焼きうどん」。実際にはぐつぐつ煮込んでから提供されます。(1210円・税込)

ピリ辛のキムチが入った「キムチ鍋焼きうどん」は、豚肉と野菜たっぷり。激辛というわけではありませんので、辛いものが苦手な人でも大丈夫。

調理前の「キムチ鍋焼きうどん」。実際にはぐつぐつ煮込んでから提供されます。(1210円・税込)
調理前の「キムチ鍋焼きうどん」。実際にはぐつぐつ煮込んでから提供されます。(1210円・税込)

「けんちん味噌煮込みうどん」は、根菜がたっぷり入った味噌仕立て。ほっとするような味わいです。

調理前の「けんちん味噌煮込みうどん」。実際にはぐつぐつ煮込んでから提供されます。(1210円・税込)
調理前の「けんちん味噌煮込みうどん」。実際にはぐつぐつ煮込んでから提供されます。(1210円・税込)

そして正伍郎のイチオシは「牛すき焼き鍋うどん」。すき焼き用の牛肉を贅沢に使った逸品です。甘辛い牛すき肉がたまりません。

調理前の「牛すき焼き鍋うどん」。実際にはぐつぐつ煮込んでから提供されます。(1210円・税込)
調理前の「牛すき焼き鍋うどん」。実際にはぐつぐつ煮込んでから提供されます。(1210円・税込)

それでは、4種類の中から、定番の「天ぷら鍋焼きうどん」をご紹介しましょう。

正伍郎の鍋焼きうどんは、鉄鍋でぐつぐつと煮込んで、鍋ごと運ばれてきます。鍋はとっても熱いので要注意。大きなエビ天と焼き餅のほか、しいたけ、しめじ、えのき、油揚げ、春菊、ネギなど具がたくさんのっていてボリュームたっぷり。
スープは出汁がきいた、あっさり醤油風味。具材のうまみがしっかり生かされるスープです。

出来立てで湯気がポーポーのまま運ばれてきます。焼き餅も入っていて、ボリューム満点。
出来立てで湯気がポーポーのまま運ばれてきます。焼き餅も入っていて、ボリューム満点。

熱いので、気をつけながらとんすい(取り皿)に分けていただきます。
添えられているネギともみじおろしはお好みで。最初はそのまま食べて、途中で加えて「味変」を楽しむのもいいかもしれません。

とんすい(取り皿)に取り分けてもまだ湯気が出ています。もみじおろしは爽やかな辛さ。
とんすい(取り皿)に取り分けてもまだ湯気が出ています。もみじおろしは爽やかな辛さ。

鍋焼きうどんを食べ終わると、身体が芯からぽかぽかになっていました。
たっぷり食べたい人には、うどん大盛や追加のごはん、餅のトッピングもありますよ。
秋が深まっていくこの季節、そして福島の厳しい冬に、「阿武隈うどん正伍郎」の鍋焼きうどんをどうぞ。

<阿武隈うどん正伍郎>
住所:福島県福島市本内字中井40
TEL:024-554-0088
駐車場:有り(4号線沿いのお店の両隣が駐車場)
営業時間:平日 11:00 – 15:00(L.O.30分前)/17:00 – 21:00(L.O.30分前)
     土日祝 11:00 –21:00(L.O.30分前)
定休日:火曜日
阿武隈うどん正伍郎のホームページ 
Waltの阿武隈うどん正伍郎のページ

シェア

いいね

コンテンツへの感想