タイトル画像

専門マスター

  • いいね

バンドリ!機材〜氷川日菜ギターの制作〜その2

稲垣圭介

ラ・リチェッタ シェフ

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

 前回のその1からかなり間が空いてしまいました。みてくださっている方に感謝しつつ今回、その2で完成とさせていただきます!はい、バンドリ!でお馴染みの氷川日菜、妹ギターです。

 通常のバンドリ!の機材と違いこちらは世界でおそらく1本しか存在しないカスタムです。日菜モデルのESP THROBBER(スローバー)が発売されることもありませんでした… そう、こちらテレキャスボディにピックガード無し。ピックアップがH-S-H、トグルスイッチ(3点)にメイプル指板のネックとなっております。

 今回はその1に続いてボディの加工から行ってまいります。作業は友人のクラフトマンです。感謝。

まずこちらのGrass Roots Throbber のボディにセンターピックアップ(シングル)の座繰り(ザグリ)とトグルスイッチに変更用のノブの穴埋め。

トリマーがあれば楽なんでしょうが?…大きさ的に無理があるのですね。

3点スイッチのスリット部分を埋めます。

そして塗装!くどはるライブで使用モデルは若干メタリックっぽい青ですが、アニメに寄せたフレンチブルーにて丁寧に塗装いたします。

さらに数回クリアを吹いて磨きまして…

そして念願のハードウェア、社外ピックアップ(今回はディマジオ)とエドワーズ、E-Suffer 9mm Prabellum Bullet 滝 善充モデル!なんと10万円ぐらいするモデルからのネック移植です。

いい感じではないでしょうか。イメージそのままです。

そして…あの曲をなんとなく弾いてみましょう。

エモいですね。妹のギターを借りるあのシーンです。

抜けの良いサウンドでおねえちゃんのギターとはまた違った感じです。

最後におまけです。パンケーキアートです〜

るんっ!

ではまた!

シェア

いいね

コンテンツへの感想