専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

パンケーキアート〜 中村悠一さんのキャラといえば?〜声優さんシリーズその15

稲垣圭介

ラ・リチェッタ シェフ

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

パンケーキアート…それは焼き加減だけで色合いを表現するフードアート。焼いたあとは食べちゃいます。声優さんシリーズ15はみんなだいすき!あのイケボです。中村悠一さんです〜

 予想通り第6波な新年となりました…コロナ禍も今年こそはが2周目といった感じですが、感染者数では過去最大のピンチといえます…そんな中絶賛上映中の映画、呪術廻戦0ですが…去年のうちに観ておいてよかったです…是非あと数ヶ月はロングランしていただかないと…いろいろと困ってしまいます。

 そんな五条悟さまを演じているのが中村悠一さんですが、自分的にはCLANNADの主人公の朋也だったり、俺妹の京介だったりが印象的でして…そのあたりを共感してくれる方とはお友達になれそうですね。

 今回はジョジョシリーズでも非常に人気の高いブチャラティさんやブチャラティ、あとブチャラティなども焼いておりまして(しつこい)彼はホタテのオーブン焼きが好物らしいですね。はい、自分の得意料理でもあります。荒木先生はスパゲティがお好きなのでしょうかね…ナランチャへのセリフは私もよく使わせていただきますが、周りに理解してくれる方はほとんどおりません…こんどJOJOのパンケーキアート特集も考えていますので、是非。

 さて、中村悠一さんですが、やはりリゼロのチート的に強い人や、呪術廻戦のチート的に強い人を演じておりますので、印象的にはとにかく強い人? 周りの好意に気づかない俺妹の恭介やマクロスFのアルトなど朴念仁も得意なのでしょうか…

 最近では映画の吹き替えも声優さんが大活躍しておりますが、先日観に行ったマトリックス・リザレクションズでもエージェントスミスを演じていたようです(字幕版をみましたので未確認)キャプテン・アメリカ(スティーブ・ロジャース)も担当されているので、やはり真面目なヒーロー役が見事にハマっているのでしょうね。

 マーベルといえばスパイダーマン ノーウェイホームも観てきましたが…いやもう…ネタバレはしませんが、鑑賞料金三倍でもいいんじゃないの?という出来でした。ほんと日本の実写映画の何がダメなのかがよく分かった気がします。それは…愛です。作品に対する愛と理解度がまったく違う!!いままで字幕で見続けてきましたが、せっかく有料チャンネルにはいっているので、吹き替えで見直してみますね。

 呪術廻戦アニメも2期がアナウンスされましたが、物語の流れ的には過去編がメインになりそうなので、ますます五条さんが活躍することでしょうね。むしろ新一年生は出番あるのか??みたいな感じですが… いろいろと楽しみですね。

 それではまた!
 
 ラ・リチェッタ(神奈川県座間市) シェフ 稲垣圭介
Music By 菊池信司
他の作品動画やフォローもぜひぜひよろしくおねがいします。

さてパンケーキアートでございますが…
作り方はいたって単純。描く道具も100均。フライパンは1380円。材料も市販のホットケーキミックスに豆乳(牛乳や卵は使っていません)
お手軽に挑戦できるアート?なのではないでしょうか?

海外のパンケーキアートは温めたホットプレートにたらしていくものが主流ですが、
こちらは熱する前のフライパンに直接ノズルをあててペンのように描いていくので
落ち着いて作業でき、より繊細なタッチが再現できます。

絵が苦手?いえいえ、1に道具、2にレシピ、3、4がなくて5に画力!
スケブに描くのが恥ずかしくてもパンケーキにするとほっこりしたなんともいえない
い〜い画になりますし、食べてなくなっちゃうので黒歴史も残りません!

こちらは作り方とレシピです。

<分量>

自分のパンケーキアートの生地は森永ホットケーキミックス150gにめいらくの豆乳が195g(グラムで計量したほうが安定)となっております。そのまま普通に焼いてもふっくらもっちり仕上がります。
生地を作ったあとは一度ビニール袋にいれて冷蔵庫に。

<道具>

フライパンは使い古したテフロンかマーブルコートが良いでしょう。専用にして脂分をしっかりとりのぞいてから使います。中性洗剤でしっかり洗いましょう。(食品用アルコールで毎回拭いています)もちろん油はつかいません。描いた生地が焼くとはがれて浮き上がってきてしまうのを防ぐ為です。

描く道具は100均一のディズペンサー(スクイーズボトル)を2本用意、
一つは可能な限り小さく穴をあけ下絵用に、
もう一つはペイント用ですのである程度の大きさ2ミリぐらいの穴でいいと思います。
綿棒、キッチンペーパー、竹串などもあると便利です。
ひっくりかえすフライ返しも100均のものですが、エッジを薄く加工してひっくりかえし
やすいようにしています。つまり全部揃えても2000円ほどでしょう。

<下絵を描く>

ボトルに生地を入れるときはビニール袋の角を切って注入すると楽ですが…
下絵用のボトルに生地をあまり入れない(動画を参考にしてください)
ペイント用のボトルは半分強ぐらいまで入れます。

垂直よりも少し斜めに傾けて描く
垂らしてかくのではなくてノズルをあてて擦り描きで
あまり力をいれない。自然に押されて出るのを利用するのもアリですが(ベーキングパウダーがはいっていて膨らんできます)生地が出すぎて描きづらいようならキャップを一度はずして空気を抜くなどすると良いです。
目のハイライトを丸くりぬくのは綿棒などが便利です。
綿棒は子供用が使いやすく、大人用は消しゴムツールとしても使うことができます。

<焼いて仕上げる>

次は標準的な黒髪のキャラクターの焼き方です…

1 下絵を冷たいフライパンに描いてから弱火にかけ、しっかりゆっくり焼き色をつけます。
(まず白く浮き出てきますので、要らないラインなどは竹串や綿棒で取り除くこともできます)

2 しっかり色がついたら濡れ布巾二枚重ねた上に置いて温度を下げ(火傷に注意)
髪の毛の暗くなる部分や服の暗い部分などを塗って(たらして)再び火にかけます。
濡れ布巾は再び水で冷やしてしぼっておきます。

3 生地の端を見ていい色が着いてきたら再び濡れ布巾に。髪の毛と瞳、服など更にアゴや眉などの肌色部分のシャドウ部分などを塗ります。髪の毛のハイライトを入れたい場合はその部分は残してあげましょう。火にかけたら濡れ布巾は再び水で冷やしてしぼっておきます。

4 再び火からおろし濡れ布巾へ。肌色部分を塗ります(ハイライト部分や目の白い部分は除く)
火にかけて約40〜50秒ほどかけておろします。濡れ布巾は今回はそのままもう一度使います。

5 最後です。火からおろし目の白い部分や歯を塗ります。
完成に近付くにつれ見た目はわけがわからなくなっていきます。
自分は火にかけたあと40秒ほどしてからヘラを入れ始めます。

6 ひっくりかえして出来上がり!ひっくり返したときに目立つ気泡があった場合は、その場でちょんちょんと生地を穴にディスペンサーであてて、指でなでてあげると、下からの熱気で上手に塞ぐことができます。
裏面にも色がつき全体にも火が入るまで焼いてあげましょう。

7 平らなお皿に盛り付けて完成です。撮影はほどほどに。ナイフとフォークなどをつけてあげると
かわいいかもしれませんね。真上から、斜めから、パンケーキは立体なのにくわえてスマホのレンズは広角なので表情が角度で変わります。暗くなりすぎるようなら編集で自動補正や露出をあげてあげましょう。
ホワイトバランスがおかしいときはいちどスマホをスリープさせてもういちどカメラ起動させてから
撮影してください。(赤っぽく写るときがあります

オプション技ですが、白い(たとえば目の白い部分)などはどうしても市販のミックスには若干の黄色味があるので、白くしたい部分と肌色との差をつけようとすると肌色を焼きすぎて小麦色の肌になることがありました。そこで白部分のみ自前レシピで作った生地を使って簡単に色の差を作っております。色を足して色数を増やすのではなくて、色を引いて色数を増やすという逆の発想です。

自作レシピの場合はふるった薄力粉100gに対して砂糖23g、ベーキングパウダー6g
豆乳が160ccとなります。白く仕上げたい部分に薄くぬって上から通常の生地を追加してもOKです。
使い捨ての絞り袋やビニール袋にいれておけば、使いたい分だけ絞ることもできますし
空気に触れないことで数日間使えます。ただ油脂を含まないのでひっくりかえしずらい(剥がれずらい)
ので少々ご注意ください。

自分のパンケーキアートはだいたい、下絵、髪の毛の濃い部分、髪の毛、肌色の濃い部分、肌色、白部分、なので6階色ほど。(そのあたりが限界かと思います)金髪や銀髪はコントラストをつけずらいので逆に難易度高く、黒髪が一番楽です。

下絵に15分焼くのに20分の計35分ぐらいを目指しておりますがこれがなかなかおもうようにいかないことも…

フライパン使用後は水を張ってお湯をわかして、できれば重曹(ベーキングパウダー)をいれて汚れや油をしっかりと落とすといいでしょう。下絵の生地が浮かない使いやすいフライパンにはメンテも必要です。なるべく専用品にしたほうがいいと思います。

最後に一番大事なコツをひとつ… それは「楽しむ」ことです!
美味しく楽しく!まいりましょう。

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想


専門マスターの新着コンテンツ

もっと見る

こちらのクリエイターもおすすめ

もっと見る

タグから探す

もっと見る