How to

ふわふわミルクにつけて食べたい!「甘栗のコーヒービスコッティ」の作り方

井野麻美(GARTEN COFFEE)

コーヒーライフプランナー/GARTEN COFFEEバリスタ

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

GARTEN COFFEEバリスタ/コーヒーライフプランナーの井野麻美が、一手間加えて生活を彩るコーヒーの楽しみ方をお届けしています。

今日ご紹介するのは、コンビニでも購入できるむき甘栗を使った「甘栗のコーヒービスコッティ」の作り方。
コーヒーに漬け込んだ栗は噛むたびにいい香り。
サクサクとした生地に、こっくりとした栗の甘さがひきたつビスコッティです。

【材料】
・小麦粉       100g
・アーモンドプードル 10g
・グラニュー糖    35g
・卵         1個
・ベーキングパウダー 4g
・サラダ油      小さじ1
(サラダ油はオリーブオイルでも可)

(A)
・甘栗         35g〜40g程度
・インスタントコーヒー 小さじ1
・お湯         大さじ1
【作り方】
①(A)インスタントコーヒーをお湯で溶かし、砕いた甘栗をつけておく
※オーブンを180度で余熱開始
②薄力粉、グラニュー糖、アーモンドプードル、ベーキングパウダーを軽く混ぜ、卵を加える
※アーモンドプードルがなければ、小麦粉のみでOK。その分(10g)小麦粉を多めにしてください
③(A)とサラダ油を加えてひとまとまりにする
④生地を⒈5cmの厚さで平たく伸ばす
(形をサランラップで整えると楽ちんです)
⑤180度で予熱したオーブンで15分焼き、一旦取り出す
⑥ 1cm~1.5cmの幅にカットし、カットした断面を上にして再度180度で10分焼く
⑦もう一度取り出し、裏返しにして断面を焼く(180度で10分)
焼けたら取り出して、粗熱が取れたら完成!

秋といえば、芋栗かぼちゃ。
どれもコーヒーと相性が良いですが、こっくりと甘みのある栗を使ったお菓子はコーヒーの苦味とよく合います。
試作する際に、コーヒー液や粉を加えたり、コーヒーアイシングをあしらったり色々と試しましたが、栗をコーヒーに漬け込むと噛んだときの香りがよく、こちらのレシピが完成しました。

むき甘栗はコンビニでも購入できるのも嬉しいポイント。
手軽な材料で、季節を味わえる手作りお菓子を用意して、コーヒーのある生活を楽しんでくださいね!

Enjoy your COFFEE LIFE!

GARTEN COFFEE
バリスタ/コーヒーライフプランナー
井野麻美

…続きを読む