専門マスター

若さ故の美味しさが凝縮!北海道肉ソン大統領の肉デカビーフカリー 十勝若牛

猪俣早苗

ご当地レトルトカレーマニア

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

十勝若牛は北海道清水町で育てられています。
その名の通り、若い牛。で、ホルスタイン。
通常20ヶ月ほどで出荷するところ、十勝若牛は14ヶ月という若いうちに出荷されます。

そうすることで、若さ故のやわらかさ、適度なサシ、クセの少ない旨みのある赤身、と美味しさをつめ込んだようなお肉になるのです。
「最近、霜がふりっふりのお肉だとあまり食べられないな~」という方や、「赤身が好き!」という方にピッタリの美味しさ!

農業が盛んな十勝地方で「何でもあるけど、コレというものがなかった」清水町が、町全体で頑張っているお肉です。

カレーの中にはその十勝若牛が150g入っています。
お肉にボリュームがあるし、ちょっと濃くて甘めのルーなので、1人では多いかな?と思うかもしれません。
添付のオイルで辛みを足せば辛さの好みが違っても楽しめますから、分けて食べてもいいのです!

インパクトあるパッケージのカレーで十勝若牛を知ったら、もっと知りたくなります!

内容量:300g
価格:2,000円
購入場所:十勝清水町農業協同組合

…続きを読む

専門マスターの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る