How to

  • いいね

「タコの春菊ジェノベーゼ」by 井上豪希

井上豪希

嫁をよろこばす旦那ごはんを作る人

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

***

寒い季節が旬の春菊を使って、和風のジェノベーゼソースを作ります。今回はタコと合わせるので、ソースにもスジアオノリの磯の香りをつけて相性良く。具材はタコとじゃがいもで、満足感のあるサラダに仕上がりますよ。

***

<材料>
茹でタコ:100g
じゃがいも:1個
春菊:1/2把
米油:75cc
松の実:15g
スジアオノリ:小さじ1/2
ニンニク:1ヶ
グラナパダーノ:5g
白だし:小さじ1/2
塩:ひとつまみ

<作り方>
1. ニンニクをみじん切りにする。フライパンに米油を入れて中火で熱し、ニンニクを加え、オイルに香りを移す。香りが移ったら、キッチンペーパーなどで漉し、オイルとニンニクに分けておく。
2. じゃがいもの皮を剥いて芽を取り、一口大に切る。鍋にじゃがいもを入れ、ひたひたになるまで水を注ぎ、中火で15分ほど加熱する。
3. 松の実を200度に予熱したオーブンで2分ほど焼く。
4. 春菊をざくぎりにし、耐熱容器に入れ、ふんわりとラップをして600wのレンジで5分加熱する。
5. ミキサーに、ニンニクオイル、❷のナッツ類、❸の春菊、グラナパダーノ、塩を加え、攪拌する。
6. 茹でダコを食べやすい大きさにぶつ切りにする。
7. ❶のじゃがいもが茹で上がったら、火を止めてお湯を捨て、再び中火にかけて、鍋をゆすり粉が吹くまで吹くまで水分を飛ばす。
8. ❻のタコと、❼のじゃがいもを盛り、上からソースをかけて完成。お好みで白胡椒をかけるのもおすすめ。

<ポイント>
・松の実は、きれいな黄金色になるタイミングを見逃さずにローストしましょう。
・ジェノベーゼソースを冷蔵庫で保存する時は、上に油を注いで層を作ってあげると、ソースの部分が酸素に触れず、長持ちします。

シェア

いいね

コンテンツへの感想