How to

  • いいね

「アサリとパンチェッタの炊き込みご飯」by 井上豪希

井上豪希

嫁をよろこばす旦那ごはんを作る人

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

***

アサリは春と秋の2回旬がくる食材です。今回は、旬のアサリを使い、スペインのバスク地方でよく食べられるアサリの炊き込みご飯をアレンジした料理を作ります。ふっくらしたアサリの身と、カリカリしたパンチェッタのコントラストが楽しい一品です。

***

<材料>3~4人前(作りやすい量)
米 2合
アサリ(砂抜きしておく) 300g
パンチェッタ 85g
ニンニク 1かけ
サラダ油 大さじ3
A バター 10g
A 白だし 大さじ1/2
A 白たまり 大さじ1/2
A みりん 大さじ1/2
白ワイン 50cc
水 100cc
パプリカパウダー お好みで
白胡椒 お好みで
イタリアンパセリ お好みで

<作り方>
1. ニンニクをみじん切りにする。イタリアンパセリは葉の部分だけ取っておく。
2. パンチェッタを薄切りにする。
3. フライパンにサラダ油大さじ1を入れ、中火で熱する。温まったらパンチェッタを加え、カリカリになるまで加熱する。加熱が終わったら、ボウルに取り上げておく。1/3は飾り用に使うので、分けておく。
4. フライドガーリックを作る。フライパンにサラダ油大さじ1を入れ、中火で熱する。温まったらニンニクのみじん切りを加え、香りがたち、カリカリになるまで熱する。加熱が終わったら、キッチンペーパーなどで油と分けておく。
5. アサリの出汁を取る。鍋にアサリを入れ、全体に油が回ったら白ワインを加え、アルコールが飛んだらさらに水を加えて3分ほど加熱する。ザルにあげ、汁と貝を分ける。貝が冷めたら、身を取り出す。
6. 炊飯器に、洗った米、❸のパンチェッタ、❻のアサリの出汁、Aの調味料を入れ、規定の量まで水を足し、炊飯する。
7. 炊き上がったら、❻のアサリの身を混ぜ込む。上からパプリカパウダーをふり、カリカリのパンチェッタと❺のフライドガーリック、イタリアンパセリを飾って完成。お好みで白胡椒をかけるのもおすすめ。

<ポイント>
・具材をそれぞれ調理してから合わせることで、香りや、旨みを最大限に引き出すことができます。
・アサリとパンチェッタを合わせることで、貝類由来のコハク酸と、肉のイノシン酸が相乗効果を起こし、旨みが増幅します。

シェア

いいね

コンテンツへの感想