京都駅前「紡(つむぎ) cafe」シンプルがインスタ映え!フォトジェニックなおしゃピクも 

磯貝由起

スイーツコンシェルジュ・ライター・PRコーディネーター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

「紡 cafe」(ツムギカフェ)は京都駅中央口から徒歩2分、塩小路通り沿いにあります。便利な立地ながら、そこだけが時が止まったようなおだやかな時間がながれるその独特なムード。
オープンエアのカフェテラスや、モダンなインテリアなどは、車で通る人にも、「あれ!おしゃれなカフェができてるなと気にしていた。」という声も聞くほど、界隈の中ではそのシンプルさでかえってめだっています。私自身も京都駅近くにこんなに素敵な居心地のよいカフェができたとは知らなかった!と、以来通い詰めている大好きなカフェをご紹介します。

オープンなカフェテラス

寒い日や雨の日は締まり、天気の良い日にはオープン
寒い日や雨の日は締まり、天気の良い日にはオープン

テラスは道に面して開放されており、フレンドリーで入りやすい雰囲気です。こちらは 京町家一棟貸しの宿泊施設 【紡 Machiya Inn】の運営会社がオープン。 空間作りの経験を生かしたすっきりしたおしゃれな店内は くつろげるソファ席がおすすめ。

古いような新しいようなソファもランプも落ち着きます 
古いような新しいようなソファもランプも落ち着きます 

コンクリートにナチュラルな木目調を合わせた店内は、スタイリッシュでありながらも、どこか温かみのある空間となっています。各席に自由に使えるコンセントも設置されていて、Free Wi-Fi と、おしゃれなだけでなくとっても使えるカフェなのです。これは人気になるのも納得。

おすすめは京都の抹茶を使用した三色ドリンク
おすすめは京都の抹茶を使用した三色ドリンク

こちらでぜひいただきたいのが、「グリーンティー・ラテ・プレッソ」700円。
抹茶・ミルク・エスプレッソが三層になった、紡 cafeのオリジナルメニューです。抹茶は、安政元年(1855年)創業の京都・三条のお茶屋さん「ちきりや」の抹茶の、お薄にも用いる宇治抹茶を贅沢に使用しています。まろやかながらもこくのある抹茶です。
またコーヒーは、限定オリジナルブレンド「tsumugi blend」。大阪で人気の自家焙煎スペシャルティコーヒー専門店「LiLo Coffee Roasters」との共同開発で、紡 cafe限定珈琲というこだわりです。

チーズケーキだって三色
チーズケーキだって三色

あわせてぜひオーダーしてほしいのが、三層チーズケーキ「グリーンティーマーブルチーズケーキ」400円。北海道産とオーストラリア産の2種類のチーズを使用しており、三色のお味はそれぞれ抹茶・カカオ・プレーン。「グリーンティー・ラテ・プレッソ」と合わせると、色味がおそろいでとっても可愛い!当日焼き上がり分が売り切れてしまったら終了です。

手ぶらでおしゃピクができるピクニックバスケット 

ピクニックバスケットが話題
ピクニックバスケットが話題

こちらのカフェではフォトジェニックなピクニックバスケットを1日3台限定で販売を開始し話題になっています。
特に若い世代の女性の間で人気のある“おしゃピク”。“おしゃれなピクニック”の略で、お弁当の中身を色鮮やかにするのは勿論、それらを詰めるカゴやピクニックシートなどの小物までこだわり、世界観を演出したピクニックです。

このセットをもって公園にいけば即おしゃれなピクニック
このセットをもって公園にいけば即おしゃれなピクニック

でも道具を揃えるのはハードルが高い、、、と躊躇している方にと、カラフルなサンドイッチやサラダなどを藤製のカゴに詰め込み、ピクニックシートなどの小物類をレンタル品としてセットにしたバスケット。
¥ 5,500 -※バスケット1つで2名分 2日前前までに要予約

気になるデリボックスの中身は

サンドイッチ2種類
カラフルジャーサラダ
季節のフルーツ
「紡cafe」グリーンティー・マーブルチーズケーキ
コーヒーまたはほうじ茶

萌え断サンドもボリューミー
萌え断サンドもボリューミー

籐製の大きいカゴにクッション性のある広めのマット、取り皿の代わりにアカシア材のカッティングボード、そしてアートフラワーをレンタル品としてセット。受け取りと返却は指定の場所が4か所あります。
1) 紡 cafe(京都市下京区東塩小路町684
2) 紡 Dining(京都市中京区大黒町46-5
3) 紡 東寺東門前(京都市南区東寺東門前町41
4) 紡 松原御幸町 もみじ邸(京都市下京区石不動之町682-8

京都らしさにこだわり京都のお店とつながる

モダンでおしゃれな京都の新店ながら、こちらのカフェは、地元京都の人やお店とのつながりも大事にしておられます。モダンカフェながら「京都祇をん ににぎ」のフルーツ大福を期間限定でおき、コーヒーとあわせるなど京都らしいお店との限定コラボレーションイベントを開催したり(現在期間は終了)、つねに京都に根付く、京都らしさを忘れない芯をもっているところも私は好きなのです。
次はどんな工夫をこらしてくれるのか、これからもとても楽しみなカフェ。要チェックです。

穏やかな時間がながれるカフェで
穏やかな時間がながれるカフェで

紡 cafe
住所:京都市下京区東塩小路町684
電話番号:075-352-6400
営業時間:9:00~19:00/L.O 18:45
アクセス:京都駅中央口(烏丸口)より徒歩2分
https://www.instagram.com/tsumugicafe_kyoto/

撮影協力:紡 cafe

シェア

いいね

コンテンツへの感想