タイトル画像

紅茶のかき氷も人気!京都っ子に愛される「サー・トーマス・リプトン 三条本店」

磯貝由起

スイーツコンシェルジュ・ライター・PRコーディネーター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

世界中で紅茶といえば、、、と知られる「リプトン」。京都にはリプトンのTEA ROOM があるのです。リプトンの紅茶や、スイーツ、またランチやディナーも味わえます。
そして夏にはみんなが毎年楽しみにしているかき氷が登場します。

「サー・トーマス・リプトン 三条本店」へ

京都の喫茶室文化を牽引

どのご家庭も飲んだことがあるであろうリプトンですが、実はカフェは京都にしかありません。
その本店は「サー・トーマス・リプトン 三条本店」。京都の繁華街に有り、阪急電車からも地下鉄からもアクセスがよい立地にあります。

いつも人でいっぱいです
いつも人でいっぱいです

通路に面した大きなショーケースには、色とりどりのケーキが!どれも大振りで、幸せな気持ちになります。

紅茶を御土産にテイクアウト
紅茶を御土産にテイクアウト

リプトンのお店は京都に全部で4店舗あります。リプトン三条店には歴史があります。
お店の創業はなんと! 1930年(昭和5年)
「リプトン本社直轄喫茶部 極東支店」として、 京都・三条にティーショップをオープン。当時、一般市民の間でも紅茶を飲む人は大変少なかった時代から、 京都のリプトンは、喫茶業界において先頭に立ち、かつてない喫茶文化を気づき上げてきたのです。

フードも人気、ボリューム満点!

ボリューム満点パスタ
ボリューム満点パスタ

フードも人気で、 ペスカトーレ 1680円 (税込)はテーブルに運ばれたときにおもわず美しい!と声がでました。かなり量が多いからでしょうか?よくある大盛の量があります。具材もたっぷり。

工夫がこらされた3種類
工夫がこらされた3種類

さて!楽しみにしていたかき氷。かき氷は三条本店・四条店のメニューです。
毎年好評で、今年は3種類のフレーバーがそろいます。3種類どの氷もふわふわでかきかたが上手!

やはりリプトンなので紅茶氷(レモンカードとレアチーズ)

香り高い紅茶と、爽やかなレモンカード。エスプーマはレアチーズ味なので酸味があります。

1,100円(税込み)

紅茶が品がよくてさすがです。ミルクと紅茶があわさってまるで上質なロイヤルミルクティーをのんでいるよう。そしてボリュームたっぷり!小さ目サイズの紅茶がついてきて、このお値段はリーズナブル。

リプトンにきたらやはり紅茶は!
リプトンにきたらやはり紅茶は!

練乳氷(塩キャラメルとカスタード)たっぷりの練乳に濃厚な塩キャラメルソースとカスタードクリーム。980円(税込)

この練乳氷が私のイチオシ!
この練乳氷が私のイチオシ!

これおいしい~中のカスタードが卵感たっぷりあって好みです。練乳たっぷりの氷にナッツがごろごろとはいっていて食感も楽しい。

ゆずが大人テイスト
ゆずが大人テイスト

抹茶氷(白玉と餡子、水尾産ゆず)抹茶(京都 和束産)の苦味と甘みにゆずエスプーマのほのかな酸味を。1,180円(税込)

こちらはゆずの香りがかなり強めで大人なかき氷です。普通の抹茶氷にあきちゃったという方におすすめ。

京都っ子になくてはならない喫茶室

今回あらためて、このボリューム、店内の明るいムード、おいしさ、京都でこれほどリプトンが愛されるのに納得。この日も日曜日でやはり混んでいました。
京都っ子にとってリプトンは子供の頃から自分たちとともにある特別なお店なのです。

店頭のケーキも大きい!
店頭のケーキも大きい!

Sir Thomas LIPTON ティーハウス
リプトン 三条本店
京都市中京区寺町通三条東入石橋町16
電話 075-221-3691
https://www.lipton-teahouse.jp/index.html

取材協力: リプトン 三条本店

シェア

いいね

コンテンツへの感想