タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【神戸市長田区】あの人気女優がヒロインの映画ロケ地!絶景の高台にある「大丸山公園」

斎信夫(いつき)

WEBクリエイター/旅行ライター・エディター(神戸市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

神戸市長田区の住宅街に位置する、観光スポットでもなんでもない普通の公園が映画のロケ地になったことをご存知でしょうか?

その公園の名称は「大丸山公園(だいまるやま)」。神戸電鉄長田駅から徒歩約15分ほどの長田区大丸町2丁目にあります。神戸朝日病院に近い北東の公園入口から坂道を上ると・・・

広いグラウンドとベンチが見えてきます。

展望説明板は消えかかっていますが、高台なので海まで見える絶景が広がります。

西は、須磨あたりまで見えてますね。天気が良ければ淡路島や関空まで見えるようです。

東は兵庫区あたりまで見渡せます。

このベンチと柵がある高台の風景に見覚えのある方もいるのでは?

「大丸山公園」で撮影された映画は、浜辺美波さん、北村匠海さん、福本莉子さん、赤楚衛二さんらが出演の『思い、思われ、ふり、ふられ』。略称は「ふりふら」。4人がよく訪れる高台のシーンとして作品の中に何度か登場します。

地域住民の方に親しまれているごく普通の公園ですが、ここで浜辺美波さん、北村匠海さんらが撮影していたんだと思うと、なんだか特別な場所のように見えてきますね。

この浜辺美波さんがVサインしているオフショットもここで撮影されたものですよ。(リンク先は、『思い、思われ、ふり、ふられ』広報 公式ツイッター)

出演者のファンの方はもちろん、『思い、思われ、ふり、ふられ』の作品が好きな方におすすめの場所です。ぜひ、絶景が望めるいい天気の日に、映画のシーンを思い出しながら訪ねてみてくださいね。

『思い、思われ、ふり、ふられ』は、咲坂伊緒さん原作『別冊マーガレット(集英社)』2015年7月号から2019年6月号まで連載された作品で、アニメ版と実写版が制作されました。恋愛観の全く違う4人の高校生が、友情と恋愛のはざまで悩みながら、それぞれの思いを胸に成長する姿を描く切ないラブストーリー。

2020年に公開されましたが、今もネットフリックスやAmazonプライムビデオなどの配信サイトで観ることができます。

この映画主題歌「115万キロのフィルム(Official髭男dism)」 特別映像の最初のほうでも、この「大丸山公園」のシーンが出てきますよ。

『思い、思われ、ふり、ふられ』はオール神戸ロケの作品です。神戸市内20ヶ所以上で撮影が行われました。

他のロケ地もちょっとだけ紹介!

「date.KOBE」公式サイト内に、特設サイト「映画ロケ地神戸デートマップ」が開設されています。ファンの方は、ロケ地マップを見ながら聖地巡りしてみてはいかがでしょう?

私もこの映画のファンなので、他のロケ地も巡ってきました。少しご紹介しますね。

「長田神社」ではお祭りのシーンが撮影されました。

「北野坂」も登場しましたが、クリスマスのシーンなのに撮影されたのは3月だったとか。

須磨区の「神戸市営地下鉄 名谷駅」は、浜辺美波さん扮する朱里が由奈にお金を借りる駅として登場。

図書館は、西神中央公園にある「神戸市埋蔵文化財センター」でした。公園内には雨が降る印象的なシーンとして登場するレンガ造りのトンネルもありますよ。

西神中央公園とプレンティを結ぶ歩道橋では、朱里、由奈、理央が一人で歩くシーンが撮影。由奈が歩く夕焼けのシーンが美しかったですね。

苔谷公園の横の道はコンビニ近くの道として登場。ここも「大丸山公園」と同様、特に観光スポットというところでもなく、明石海峡大橋の舞子トンネルの上にある普通の公園です。

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想