タイトル画像

【京都市東山区 中京区】2021祇園祭は記念グッズを買って、おうちで満喫、こんなのいかが!

伊波多玄以

地域ニュースサイト号外NETライター(京都市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

 山鉾巡行や豪快な辻回し、見たかったですよね。2021年の祇園祭(7月1日~30日)は、新型コロナウイルス感染症対策から、山鉾巡行なども中止となり、神事、技術継承のための山鉾建てなどに限定して開催されています。宵山までの人出は、歩行者天国なども実施されず、7000人ほどと言われていて、人もまばらです。

 さて、疫病退散の祭りが疫病で開催できないもどかしさはありますが、来年こそはという思いでいっぱいです。2021祇園祭は、せめて記念グッズを買って、おうちで満喫するなんてのはどうでしょう。こんなのはいかがですか!

2021年7月 車軸調整をする月鉾
2021年7月 車軸調整をする月鉾

 日本最古の綿布商「永楽屋細辻伊兵衛商店」は、なんと、戦国時代に織田信長に永楽屋の称号と細辻の姓を拝領して以来、14代、400年続く老舗です。100年経っても新参と言われたりする京都でもほんまの老舗です。今では、祇園店を始め京都市内を中心に9店舗を展開してはります。質の高い手ぬぐいや風呂敷などを販売してはります。なかでも、祇園祭の巡行や山鉾を描いた手拭いが人気です。

山鉾巡行が描かれた手拭い
山鉾巡行が描かれた手拭い

 手拭いって、実は超便利グッズだって知ってました? 薄手ですぐ乾くので清潔に保てるところが手ぬぐいの良いところ。ハンカチ代わりにしたり、食器拭きやおしぼりなどキッチンツールとしても活用でき、工夫しだいでいろいろなものが包めるんです。日焼け防止や汗取りにさっと首に巻いておけば、ファッションアイテムとしても使え、バンダナとして使用してもおしゃれ。額に入れて飾れば、素敵なインテリアになります。まさに万能アイテム、永楽屋さんでは、はい、ちゃんと額も販売してはります。

京都くろちく本店
京都くろちく本店

 父が宮大工、母が西陣織の家業をしている家庭で生まれた創業者が営む、和雑貨や伝統工芸品の製作、販売をおこなう株式会社「京都くろちく」では、新町錦小路上ル本店を始めとして、飲食、ブライダル、ホテル、観光開発などの7事業を幅広く展開してはります。

山鉾の精巧なミニチュア
山鉾の精巧なミニチュア

 ここでは、祇園祭の山鉾を精巧に模したミニチュアが人気です。毎年一つずつ買いためていくファンも多いのだとか。一つ一つ、眺めているだけでもワクワクする商品です。

 それぞれ、オンライン注文もできるようですので、詳しくは各ホームページから問い合わせてみてください。

永楽屋 細辻伊兵衛商店 祇園店 
京都市東山区四条通大和大路東入祇園町北側242 075-532-1125

京都くろちく
京都市中京区新町通錦小路上ル百足屋町380 075-256-9393

シェア

いいね

コンテンツへの感想