タイトル画像

【京都市上京区】京の本屋さんがプロデュースした文化拠点のビルヂングが開設。カフェやギャラリーも!

伊波多玄以

地域ニュースサイト号外NETライター(京都市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

 堀川丸太町を上がって堀川商店街のアーケードを抜けた北側直ぐに、白濁色と木目を基調にした二階建てのモダンなビルが登場しました。

「堀川新文化ビルヂング」
「堀川新文化ビルヂング」

 GYOKEN.incの野村直之代表取締役によると「建物は、広義の大理石に分類される白濁色トラバーチンと木造建築を融合したデザイン建築で、木材には友禅染に使う板の廃材などを再利用、同所にあった大イチョウは主にカフェの家具類やベンチなどに蘇らせました。」といいます。

2Fテラス
2Fテラス

 株式会社大垣書店(京都市北区、代表取締役社長:大垣全央)が、2021年3月より建設してきた「堀川新文化ビルヂング」が2021年11月20日に開設されました。京都府が実施した堀川団地再生事業の公募型プロポーザルにおいて、2017年4月に大垣書店が事業受託者の選定を受けて以来、伝統産業やアート&クラフトの振興の拠点となることを目的に、開業の準備を進めてきたものです。

「大垣書店堀川新文化ビルヂング店」
「大垣書店堀川新文化ビルヂング店」

 建物は鉄筋コンクリート造の地上2階建てで、1階には書店「大垣書店堀川新文化ビルヂング店」を核店舗として営業しています。初日からたくさんの人がお気に入りの書籍を手に取って買い求めていました。オープン記念として、人気のウィリアムモリス著「理想の書物」が限定復刊されています。

「大垣書店堀川新文化ビルヂング店」
「大垣書店堀川新文化ビルヂング店」

 モーニングから営業するカフェ&バー「Slow Page」ならびに、アートや自費出版などの相談にも応じてもらえる印刷工房「昌幸堂」が併設されています。

アート系の特殊製本などもできる印刷工房「昌幸堂」
アート系の特殊製本などもできる印刷工房「昌幸堂」

 2階ではギャラリー・イベントスペースの「NEUTRAL」の運営とレンタルオフィス事業が展開されます。オープニングイベントして、プラット・アート・プロジェクト「HOME TO HOME」が開催されていました。光る家のオブジェを作るワークショップなども行われました。

プラット・アート・プロジェクト「HOME TO HOME」
プラット・アート・プロジェクト「HOME TO HOME」

 株式会社大垣書店では、「堀川の暮らしに、豊かさを。日常の延長線上に文化のプラットフォームを。」をテーマに地域と文化・芸術を結び付ける場と位置付けています。大山豊上席執行役員管理部長は、「京の本屋が地域交流やアーティストなどとのマグネットの役割を果たしたい」と話します。

同所にあった大イチョウ
同所にあった大イチョウ

 堀川通り沿いにありますのですぐ分かります。お気軽にお立ち寄りください。

 「堀川新文化ビルヂング」 京都市上京区皀莢町287(堀川商店街 北側)

 大垣書店 堀川新文化ビルヂング店(書店)10:00〜22:00 075-431-5551

 Slow Page(カフェ&バー)8:30〜23:00 075-431-5551

 昌幸堂(印刷工房)10:00〜18:00 080-4248-3432

 NEUTRAL(ギャラリー&イベントスペース) 10:00〜20:00<企画毎に設定> 075-431-5537

シェア

いいね

コンテンツへの感想