タイトル画像

【京都市中京区】京では「たぬき」はあんかけ蕎麦 小腹空くこの時期、ちょっと一杯とろ~り餡でほっこり!

伊波多玄以

地域ニュースサイト号外NETライター(京都市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

 暑さも少し和らいできましたね。そろそろ秋の気配です。なんとなく食欲も湧いてきて、小腹が空く時もしばしば。新京極商店街の人通りは、2021年9月13日に緊急事態宣言も延長され、かなり少なくなっていたのですが、四条寄りを歩いていると、ひと際風情のある白い壁が見えてきて、蕎麦屋さんが営業してはりました。こういう時、お蕎麦もちょうどいいなあということで入ってみました。

明治元年から続く老舗のお蕎麦屋さん
明治元年から続く老舗のお蕎麦屋さん

 「道場 田ごと」は、明治元年から続く老舗のお蕎麦屋さんです。屋号は、信州の更科の姨捨山に、安藤広重の描いた「田毎の月」で有名な月の名所があり、お店があったところが「道場」という地名だったことからきているのだそう。

風情ある田ごとの店内
風情ある田ごとの店内

 メニューはというと、天ぷら御膳やそば寿司御膳といった定食メニューや油揚げを玉子でとじた、京都らしい衣笠丼など、丼ものも充実しています。蕎麦は京都の湧き水で仕上げた自家製二八蕎麦、麺類はお蕎麦とうどんが選べます。カレー仕立ての蕎麦とうどんも人気です。食べてみたかった、あんかけ仕立てそばを注文しました。

カレー蕎麦やうどんも人気
カレー蕎麦やうどんも人気

 短冊状に刻んだ油揚げと九条葱がいい感じでアクセントになっている「たぬき」、とろりとしているのに、さっぱり目の甘さの混ぜ物のないシンプルな餡におろし生姜がじわっと広がって美味しい。蕎麦もしっかりと負けずに食感が保たれていて、なんとなく、はんなりと京の味やなあと感じます。他にいわゆるかき玉の「けいらん」、五目の入った「のっぺい」も選べます。

あんかけ蕎麦は、普通のかけ蕎麦よりもあったまる感じ
あんかけ蕎麦は、普通のかけ蕎麦よりもあったまる感じ

 あんかけ蕎麦は、普通のかけ蕎麦よりもあったまる感じがします。これからの季節にいいですね。新京極や寺町京極、錦市場などでの買い物途中に小腹が空いたら寄ってみてください。

「道場 田ごと」 京都市中京区新京極四条上ル東側 075-221-3024

シェア

いいね

コンテンツへの感想