タイトル画像

【京都市中京区】高級呉服着てみたいですよね。リユース着物を低価格で提供する店が寺町京極にできました。

伊波多玄以

地域ニュースサイト号外NETライター(京都市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

 「安かろう悪かろうではなく、高品質のほんものの着物を出来るだけお求めやすい価格でお客様に届けたい」と語る堀江和宏代表。室町の丸紅などで作家の展示会などを手掛けたり、この道40年の経験と独自のルートでオーナー自ら直接仕入先に出向き、一品一品厳選仕入れした品々が店内には取り揃えられています。

オーナー自ら直接仕入先に出向き、一品一品厳選仕入れした品々
オーナー自ら直接仕入先に出向き、一品一品厳選仕入れした品々

 京都三条会商店街でリサイクル着物の販売やレンタルはじめ、着物の総合プロデュースを行ってきた「朱雀」が2021年9月24日、同じ中京区の寺町三条を下った、ちょうど河原町六角から新京極を超え、寺町通の突き当りに位置する好立地な場所に2号店をオープンしました。

ちょうど河原町六角から新京極を超え、寺町通の突き当りに位置する好立地な場所
ちょうど河原町六角から新京極を超え、寺町通の突き当りに位置する好立地な場所

 西陣織やしょうざん生紬、宮古上布と芭蕉布の名古屋帯、琉球帯、福田喜三郎氏ほか沢山の訪問着、小紋、色無地、メーカーも川島織物や龍村美術織物、河合美術織物といった有名店の一流商品がリーズナブルなリユース価格でずらりと並んでいます。

リーズナブルなリユース価格
リーズナブルなリユース価格

 実際、ある洗剤メーカーのアンケートでも、たくさんの人が着物にはあこがれるものの、「値段が高くて手が届かない」「自分で着られない」「着崩れする」「出かける場所がない」などの理由であきらめているのだとか。理想と現実のギャップですね。

「きもの 朱雀」寺町京極店
「きもの 朱雀」寺町京極店

 「きもの 朱雀」では、毎週火曜日に京都三条会商店街のアートギャラリーにて着付け教室をおこなったり、着物について熟知したスタッフが相談やアフターフォローなども行ってきました。寺町京極店でも計画していきたいとしています。

オープン記念
オープン記念

 着物以外にも、髪飾り(簪など)、バッグ、草履、七五三用品なども扱っています。オープン記念として、カレンブロッソのカフェぞうりを目玉商品として販売したり、1100円からの大均一祭も開催中ですので、ぜひ一度お立ち寄りください。

 「きもの 朱雀 寺町店」 京都市中京区寺町三条下る永楽町234 075ー253ー6688

シェア

いいね

コンテンツへの感想