タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【京都府向日市】全国の自販機二千台を調査し厳選本まで出版しちゃった京都西山PRのイラストレーター!

伊波多玄以

地域ニュースサイト号外NETライター(長岡京市・向日市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

 三方を山に囲まれた京都では、都から展望して、東方の山々を「東山」、北を「北山」、西を「西山」と呼びます。観光地として有名な東山、北山に遅ればせながら、今注目を集め始めている「京都西山」は洛西、長岡京市、向日市、大山崎町にまたがる広範な地域に及びます。   イラストレーターの「はかなシ」さんは、西京区の若手職員らでつくる西山文化魅力発信プロジェクトで、西山のPRキャラクターの製作を手掛けました。

「はかなシ」さん提供
「はかなシ」さん提供

 西行法師をイメージした「さい君」、在原業平のイメージキャラ「なり様」、桂昌院のイメージキャラ「お玉ちゃん」といずれも西山ゆかりの歴史上の人物がモデルとなっています。西山地域、乙訓地域で活躍する「はかなシ」さんには、他にちょっと変わった趣味がありました。

「はかなシ」さん提供
「はかなシ」さん提供

 2022年5月4日に、長岡京市、向日市、大山崎町の乙訓地域に発信する「FMおとくに86.2」のADちゃいか&COCOのRdaio Booze kに出演した「はかなシ」さんを訪ねました。学園の制服風衣装で登場した「はかなシ」さん。現在27歳ですが、作品に制服姿も多いことから、キャラとして思い入れがあって、同様のスタイルで過ごすことが多いのだそう。

 最初、仕事の話などを淡々と語る「はかなシ」さんでしたが、実は大の自動販売機フリーク。「自販機の話になるとつい興奮してしまうんです」とテンションが上がりまくりの様子です。

  「高校生の頃から、ビジュアルに惹かれてなんと無しに写真は撮っていたんですが、本格的に調べ始めたのは大学に入学した時からでした。大学に入って、ギャラリーめぐりをする様になり、今まで行った事のない街に出かける機会がぐっと増えました。そこで見かける自販機達の姿が自分の街のものと違うことに気付き、とてつもない魅力を感じたんです。」と言います。

「はかなシ」さん提供
「はかなシ」さん提供

 「自販機は、ボタン、コインパネル(小銭を入れるところ)、製造会社パネルを主に調べます。特にコインパネルは、製造会社ごとに違ったりするものもあるので、今後も詳しく調べてゆきたい」と「はかなシ」さん。ついには、全国の約2000台を調査して、その中から厳選した200台を紹介する本を出版しました。

「はかなシ」さん提供
「はかなシ」さん提供

 2022年6月7日(火)~12日(日)には、京都市東山区で個展「どっぷりべんだー」を開催し、実物大のアイロンビーズ自販機始め、ミニアイロンビーズ自販機や、自販機のモチーフアイロンビーズ作品を展示します。飲料自販機本の販売や、オリジナルグッズ販売も行われます。

「はかなシ」さん提供
「はかなシ」さん提供

乙訓地域のみなさん、本業のイラストレーターの依頼もよろしくお願いします。

「はかなシ」さん提供 アイロンビーズポッキー
「はかなシ」さん提供 アイロンビーズポッキー

「はかなシ」

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想