タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【京都府長岡京市】夫婦で営む45年 地鶏専門店の匠が作る究極の親子丼が美味! その名もガラシャ丼

伊波多玄以

地域ニュースサイト号外NETライター(長岡京市・向日市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

 長岡京市役所の取材の前に腹ごしらえをしようと周辺を探していると、アゼリア通り側から道路を渡って向かい側の路地にランチと書かれたのぼりを見つけました。お店に近づくと、「地どり割烹 とり善」とあります。ランチメニューは、「ガラシャ丼 お玉ちゃんがにっこり」の1点のみのようでした。そうか、細川ガラシャの幼名は玉ですもんね! 面白そうなので入ってみました。

 早速「ガラシャ丼」を注文して女将が作るところを見ていると、弾力感溢れる地鶏肉に、茶褐色の豊潤そうな地鶏卵を刻み野菜と一緒にだし汁に絡めていきます。一気にふわっと盛り上がった所で熱々のご飯に。さらに真中に新鮮な地鶏卵をもう一つ載せて出来上がり。

 食べてみると、これがまた、ぷりっぷりの地鶏と地鶏卵、具材とご飯が絶妙に絡み合った、まさに究極の親子丼でした。まさに鶏肉を知り尽くした匠が作ると親子丼もこうなるんだという味。しかも税込み800円って信じられないコスパです。女将に聞くと、「もちろん昼は採算合ってませんよ。地鶏の美味しさを知ってもらいたいだけなんです」と言います。

 店主の片尾雅彦さんと奥様の和子さんが長岡京で地鶏割烹を始めたのは45年前でした。雅彦さんは、幼少のころから実家で祖父が飼っていた地鶏とともに育ちました。盆と正月に出される地鶏料理が原点だそうです。以来夫婦で手を取り合って地鶏一筋で店を切り盛りしてきました。コラーゲンたっぷりの黄金色のスープの水炊きを始め、すき焼きや鍋料理が大人気のお店です。

店主の片尾雅彦さんと和子さん
店主の片尾雅彦さんと和子さん

 親子丼を始めたのは3年前、年に一度のガラシャ祭の際に、「何か目玉商品を作ってほしい」と祭の主催者から依頼を受けて考案したそうです。コロナ禍でガラシャ祭も2年に亘って中止が余儀なくされていますが、「今年はぜひ開催してほしいなあ」と話されていました。

 地鶏を知り尽くした匠が生み出す究極の親子丼をぜひ1度は食べてみてください! 鍋料理もお薦めですよ。

「地どり割烹 とり善」  京都府長岡京市開田三丁目4-34 075-952-3903

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想