タイトル画像

【横浜市南区】昔懐かしいコッペパンが食べたくなったら、横浜橋通商店街にある丸十ベーカリー♪

じゃまーる

地域ニュースサイト号外NETライター(横浜市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

南区の台所、粋な下町の横浜橋通商店街へ

市営地下鉄阪東橋駅から、すぐの横浜橋通商店街。南区で最大級の大きさを誇る横浜橋通商店街はいつも活気があり、粋な下町を感じることが出来るハマっ子の台所♪ 繁華街である伊勢佐木町や、JR関内駅までも歩いて行けるので中区と思われがちですが・・・実はここ南区なんです。

商店街を歩いていると、見覚えのあるピンクの幟があるお店が! 看板には「手造りパンと洋菓子の店」の文字。こちらは、横浜橋通商店街で営業して60年もの歴史を持つ丸十ベーカリー

南区民の推薦投票によるお土産コンテストでも人気が高かった商品として、南区から認定されたみなみやげを取扱うお店が掲げるピンクの幟。区内には6店舗しか認定されていない狭き門をくぐり抜けた、いわば美味しいお店の証でもあります。

店頭の看板には伝統の食パン・・・絶対美味しいやつですよね。ゴクリ。。期待を膨らませ、いざ入店です!

下町商店街の接客は優しくて粋でした

「いらっしゃいませ~」と優し気な女将さんがご挨拶してくれます。店内入って左にはゼリーや、ようかん、クッキーなどのギフトセットも置いてあります。

日本テレビの遠くへ行きたいという番組で、紹介されたコッペパンの案内も貼ってありました。手造りのどこか昔懐かしい素朴なコッペパンと、粗めのピーナッツバターの相性が抜群な一品。もう毎朝食べたい! 「あなたの食パン、標準派? 小型派?」のポップも気になりますが、頭の中では両方! と即答。

入って右手のパンコーナーを見ると・・・取材時は夕方頃だったせいか、売り切れのパンも多かったものの、「写真撮ってもいいですか?」の質問に快く「どうぞ~♪」と返答。なんだかいいですよね、こういうの。続けて二球目の「すいません、みなみやげってありますか?」には、「ごめんね~、今販売中止なの・・でもね・・・」

どうやら、こちらのしおバターソフトフランス税込み200円に明太子が乗っているものが、みなみやげ認定の明太ソフトフランスということらしいです。なるほど! こちらのパンも十分美味しそうです♪ 残念ながら、みなみやげは無かったですが、商品が揃っている朝を狙ってまた来たいと思えるお店でした。帰り際に「また来てね~」の声も粋です。

丸十早川ベーカリー
住所:神奈川県横浜市南区高根町1-4
電話番号:045-231-5477
営業時間:9:30~19:30
定休日:毎週日曜日

シェア

いいね

コンテンツへの感想