タイトル画像

【横浜市南区】実は凄い! かながわの橋100選、横浜市認定の歴史的建造物にも登録されている吉野橋

じゃまーる

地域ニュースサイト号外NETライター(横浜市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

貴重な土木産業遺産として見る吉野橋

市営地下鉄吉野町駅から、鎌倉街道を井土ヶ谷方面に3分ほど進んだ場所にある吉野橋。1926年に完成した大岡川と中村川の分流点近くに架かる橋なのですが、実はこちらの橋、結構凄いんです。

この吉野橋、1923年の関東大震災からの復興を目指すために架けられた震災復興橋梁の一つで、かながわの橋100選にも選ばれている名のある橋。これだけでも十分凄いのですが、両岸寄りのアーチ状の橋台と、中央の鋼製桁橋を組み合わせた造りは、現存数も少ないことから、貴重な土木産業遺産として、横浜市の歴史的建造物としても認定されているハイスペックな橋なんです!

アーチ状の造りは、船舶が通れるように空間を保つための設計のようです。昔は、往来が盛んだったようで、眺めているとノスタルジーな気分になります。

ちなみに、吉野橋の長さは25.9メートル。歩道も自転車同士がすれ違うことが出来るくらいの広さがあり、橋の上には首都高速神奈川3号狩場線が通っています。

現在は、2022年2月28日まで補修工事を行っているようです。工事の時間帯は、8時から17時、20時から5時までの間。

工事内容は、足場仮施工、塗装工、舗装工、断面修復工、部材取替工。工事の作業時間は、ちょうど通勤時間にバッティングしそうな時間なので、通られる際はご注意ください。補修された新しい吉野橋を見られるのが楽しみです。

吉野橋
住所:神奈川県横浜市南区宮元町1丁目7番地先

シェア

いいね

コンテンツへの感想