タイトル画像

【横浜市南区】区内屈指の不思議空間! 横浜市認定歴史的建造物にも登録された大原隧道をご存じでしょうか

じゃまーる

地域ニュースサイト号外NETライター(横浜市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

ロケ地としても有名な大原トンネル

南区民のスポーツの聖地、清水ヶ丘公園の下にある大原トンネルこと、大原隧道。ロケ地としても有名で、掟上今日子の備忘録、アンフェアなどのドラマや、横浜のヒップホップアーティスト、オジロザウルスや、GENERATIONS from EXILE TRIBEのミュージックビデオにも使用されたことがある場所なので、見たことある! という方も多いのではないでしょうか。

トンネル自体は関東大震災復興事業として横浜市水道局により1928年に完成した歴史を持ちます。それにしても、趣というか、味がありますね・・・入るのが少し怖い(笑)

構造としては歩行者と自転車専用の馬蹄形トンネルで、高さ3.62メートル、幅2.44メートル、全長254メートル。結構長めです。早速入ってみることに!

トンネル内の蛍光灯には番号が割り振られています。何番まであるのでしょうか。

おぉ! なんか凄い! ・・・普段の生活ではなかなか味わえない異世界感が広がる不思議な空間。

平日の日中ということもあり、誰ともすれ違わず高まる怪談感。ここで引き返すのもな~という思いと葛藤しながら、歩を進めること約4分。蛍光灯に割り振られている番号は63までありました。

後ろを振り返ってみると・・・? 入口にはなかった銘板が。どれどれ・・・

横浜市認定歴史的建造物としての顔も

・・・どうやら、トンネルの入り口部分にあたる坑門が独特のデザインのため、2000年に横浜市認定歴史的建造物にも登録されたようです。

さらに、2006年には土木学会選奨土木遺産にも選定された模様。実は凄いトンネルだったんですね~。

トンネルを出ると道案内が出ています。せっかくなので、清水ヶ丘公園に寄ってみることに。矢印の方向に向かいます!

・・・まさかの心臓破りの階段。途中ここで引き返すのもな~という思いアゲイン。高速道路を横目に、上りきると・・・

清水ヶ丘公園に到着! 園内でも磯子方面まで見渡せる映えスポットで、渋く缶コーヒーといきたいところですが・・息があがってるので水です(笑) まだ大原トンネルに行ったことがない方は、滲み出る異世界感を体感しにぜひ♪

大原隧道
住所:神奈川県横浜市南区清水ヶ丘76-10~南太田2-222

シェア

いいね

コンテンツへの感想