春一番並み極強オンショア!ひざ腰グチャグチャ小波で30分だけ貸切deサーフィン!JET&辻裕次郎

Jet Akira

プロサーファー/クリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

2020年東京オリンピック サーフィン競技が千葉県一宮町で開催予定

日本代表選手はまだ決定されていないが候補選手たちが千葉県鴨川市で3月に強化合宿を行う。

その日本の代表選手の候補の一人辻裕次郎。

遠く徳島県から来て早めに練習を重ねている。

そんな彼とほんの30分だけ

爆風のサイドオンショアで波もとても小さく、一見本当にサーフィンする?

っというようなメチャメチャ良くない波で一緒にサーフィンした。

試合練習のように30分だけ。

ちょっと意識しすぎたのか僕は全然焦ってポジションも悪く、ほとんど辻裕次郎の所に波が。。。笑

これも自然相手のサーフィンの魅力でとても難しい所。

ほぼ100%の選手がコンテストでは自分の試合前には必ず風や潮の流れ、満ち引き等による波のブレイクの変化やどこの位置で波を待つのが一番良いか?などなど。

試合では皆実践していることだと思うが、僕は改めてそのことを実感した。

っと言っても僕は全くコンテストには出ない。

あまり好きではないのかな笑。

もう1つ実感したのは、やっぱり天気も波も悪くても海に少しでも浸かったら。やっぱり最高だなって思った!

サーフィンは1人で大海原に行き。自由に波に乗るもの。

海の中でその時その時。色々な景色があり同じ波は絶対にこない。

またこれもサーフィンの楽しさの1つでもあるのではないでしょうか?

その波で最高のパフォーマンスをして採点され競い合うコンテスト。

それが来年。

オリンピックの種目として盛大に開催される。

とても楽しみですね!?

JET

シェア

いいね

コンテンツへの感想