モノ/ガジェット

インパクトのある非常食「戦闘食糧 飯缶」。豚角煮丼やドライカレーなど美味しい非常食です

jsc

動画屋

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今日9月1日は防災の日ですね。今年はコロナ騒動があり、ずっと非常時のような気がしてしまいますが、防災への備えは大切ですよね。

今回動画でご紹介したのは、いざという時に便利なご飯の缶詰「戦闘食糧 飯缶」です。

このシリーズには現在、豚角煮丼、チキンドライカレー、ガーリック焼き鳥丼の三種類が発売されています。

常温ですぐに食べられるという宣伝文句につられて買ったのですが…。

確かに食べられます。味も悪くはないです…が、そのままだとやっぱりご飯が固いです。

もちろん災害時などはそのまま食べられますが、普段食べるときは温めた方がいいです。

今回はラベルに書かれていたので、お皿に出してレンジでチンして食べましたが、湯煎で食べた方が美味しいかもしれません。

いずれにせよ、温めると御飯も柔らかくなり、味もうまく染みわたり、一段と美味しくなりました。

ちなみにカロリーはどの飯缶も400キロカロリー弱。どれも大きめのお肉が入っていてタンパク質も10グラム強ずつ摂れます。賞味期限も製造から3年とのことなので、非常食としてはバッチリです。

戦闘食糧という商品名は、ちょっと物騒なネーミングですが、インパクトはあります。ミリメシなどが好きな方もぜひ試してみて下さいね。

商品情報
ハース株式会社 戦闘食糧 飯缶

これからも面白いモノ、変わったモノを紹介していきますのでよかったらフォローしてくださいね。

音源提供:Nash Music Library

■参考情報/Yahoo!ショッピング

戦闘食糧 飯缶
https://bit.ly/2EwmSWl

…続きを読む

モノ/ガジェットの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る