タイトル画像

浦和レッズ4連勝はならず 敵地でスコアレスドローに終わる

椛沢佑一

浦和フットボール通信編集長(さいたま市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

明治安田生命J1リーグ第27節。浦和レッズはリーグ戦3連勝と勢いをつけて、アウェイに乗り込んで湘南ベルマーレとの一戦に挑んだ。

試合は攻守にアグレッシブに仕掛ける湘南がペースを握るが、無失点ゲームを続けている浦和も固い守備で、最終局面では仕事をさせない展開が続く。最初の決定機は、前半34分、浦和レッズがカウンターからFWキャスパー・ユンカーが中にいれたボールをMF大久保智明が左足でシュートを放つもシュートは大きく上に外れた。前半は0-0で終了した。

大久保智明選手は「前半に自分が決定機を決めていれば試合がもっと楽に進められました。今日の0-0ということに責任を感じています」と前半の決定機を逃したことを悔やんだ。

後半開始から浦和レッズはMF小泉佳穂に替えてMF江坂任、MF関根貴大に替えてFW明本孝浩を投入した。交代で修正を図った浦和レッズが前半とは一転、主導権を握り始める。湘南もFWウェリントンを投入して改善を図る。お互い選手交代で流れを掴もうと試みるも決め手を欠き、0-0のスコアレスドローで終わった。

試合後、浦和レッズのリカルド・ロドリゲス監督は「今日の試合は多くのチャンスを作ることが出来ない試合になってしまいました。後半最初に出来たチャンスを決めることができれば、勝つチャンスがあったかもしれないですが、これまであった、多くのチャンスがなくても決めきることが出来た、決定力が今日はなかったと思います」と試合を振り返った。

加入後、守備の安定をもたらしている、酒井宏樹選手は「個々の連携については向上してきたと思いますし、僕のプレースタイルだったり、他の選手のスタイルを少しずつ把握できています」と試合をこなすごとにチームに馴染んできている様子だった。

リーグ戦はワールドカップ最終予選によるインターナショナルウィークにより一時中断をするが、浦和レッズは来週ルヴァンカップ準々決勝で、川崎フロンターレとの試合に挑むことになる。

シェア

いいね

コンテンツへの感想