タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【市原市】夜の街の五井駅で朝食を!五井朝市開催!高校生監修の海苔餃子も!

案山子

情報発信Webライター(市原市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

夜の街に朝食を!」そんな合言葉で初められた五井朝市が1月16日(日)に第6回を迎えました。
会場はシンコープラザ。
市原市に住んでいても、五井駅を最寄り駅としていても「そこどこ?」と言われるくらいに存在感がなく閑散としたシャッター街。昔は八百屋さんも魚屋さんもある普通の商店街だったところです。
寒い冬の朝でしたがお邪魔してきましたので報告しますね。とてもにぎわっていましたよ。

縦に長い会場の様子。向こうまで通り抜けることができます。
両方の出入り口に消毒液が設置されていました。

「運営のブース」無料で配っていた甘酒。寒い朝に心も体も温まります。

「運営ブース」焼きおにぎり(200円) ホットサンド(500円)

「運営ブース」焼き芋(100円)
このストーブで焼きおにぎりやホットサンドを焼いてホカホカを食べることができます。

「運営ブース」コーヒー(500円)は列ができるほどの人気メニューです。

「庄や」MIYABIの食パン(864円)

「庄や」助六寿司(300円) 他に出汁巻き卵やガバオチキンライスなどが出品されていました。

「キャリオカ」温かいシチューとナポリタン。

「キャリオカ」一度に温めると煮詰まってしまうので少量ずつ温めていました。そのひと手間が美味しさにつながるのですね。

「よろこびの種」さつまいもスコーン(200円)

「よろこびの種」クッキーやフロランタン各種(200円)
 小麦粉、バター、卵、白砂糖を使わず、米粉、大豆粉、ココナツオイル、なたね油、てんさい糖、きび砂糖を使用しているココロとカラダにやさしいお菓子(よろこびの種コンセプトより)

「大森屋青果店」いつもは食材を提供していたお店が、今回は販売に。
彩り豊かでとても美味しそうでした。

「sunファーム」ブルーベリービネガー(3,000円) 新鮮なキュウリやトマト(150~250円)

「SUNファーム」ちょっと気になるキクラゲピクルス。きもいの?

「Hello World Kitchen」モモはその場で蒸して熱々をいただけます。

「Hello World Kitchen」ロータスフラワーはいわゆるかりん糖でタイのお菓子です。

「とらんとらん」豆腐ハンバーグのハンバーガー(650円) スープ(500円)とセットで1,000円はお買い得ですね。

「Felicia」ソーセージエッグマフィン(500円)

「Felicia」おにぎらず(400円)
ローストビーフ丼などもあったはずなのですが、人気すぎて開始30分経たずに売り切れていました。

「八百屋 riky」色々なところのお野菜の販売を請け負っています。

「八百屋 riky」はなファームはTVでも紹介された白いとうもろこしの農園ですね。

「生浜高校 ビジネス研究部」学生が販売しています。海苔アイス(300円)

「生浜高校 ビジネス研究部」海苔餃子3個(300円)
高校生が考案した海苔餃子。
高校生が監修して、プロの料理家が作ったそうです(だから大丈夫ですよ、と言われました)
確かに素人のクオリティではなかったです。焼いているのは高校生でしたけど、上手に焼いていました。
その場で食べる人にはカップに入れてくれます。お持ち帰り用のパックって、歩きながら食べるのが辛いのでこういう心使いが嬉しいですよね。
海苔の味がガツンとくるのではなく、ほのかに感じるこのくらいが美味しいんじゃないかと思いました。

学生さんは3月は忙しいそうで、来月の出店は難しいらしいのですけどこれからもがんばって次の人にもつないでほしいですね。

五井朝市は毎月第3日曜日に五井駅西口のアーケード(シンコープラザ)で開催しています。
3月までは8:00~
4月からは7:30~
朝ごはんを買いに五井の街に足を運んでみてはいかがでしょう。

五井朝市 ~夜の街に朝食を~ 
場 所:シンコープラザ 千葉県市原市五井中央西2丁目8−26
開催日:毎月第3日曜日
時 間:冬時間8:00~10:00(なくなり次第終了)
   :夏時間7:30~10:00(なくなり次第終了)
Facebook

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想