タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【市原市】湖畔美術館の庭にある作品「星ぶどう」のお世話。8月はぶどう狩りします。

案山子

情報発信Webライター(市原市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

「市原湖畔美術館」は高滝湖の湖畔にある美術館で、湖面や庭に恒久作品がいくつもあります。

敷地内にあるイタリアンレストラン「BOSSO」も有名で、BOSSO目当てのお客さんの車で駐車場がいっぱいになるときもあるほどです。

そんなBOSSOのお店の前にも「星ぶどう」という名前の作品があります。

BOSSOの前のぶどう棚「星ぶどう」

夏はテラス席の日除けになっています。

作品名「星ぶどう」とは、この星の形の照明が関係しています。

ちょっと問題です。

木漏れ日が丸いのは「ピンホール現象で丸い太陽が逆さまに投影されているから」なのですけど、では、太陽が丸くなかったら木漏れ日はどんな形になるのでしょうか?

その答えがこの星の形の照明でわかります。

日没後、この星の形の照明が点灯し、ブドウ棚の葉っぱの間を通り地面に木漏れ日が作られます。

それがこちら。

星の形の照明の木漏れ日は星の形です。

日食のときの木漏れ日が三日月のようになっているのを見たことがある人もいるかと思います。

それも同じ原理ですね。

このぶどう棚はこの現象を出現させるために植えたもので、作品のタイトルが「星ぶどう」となっています。

ぶどうは植物ですので手入れが必要で、年に4回開催しているワークショップ「星ぶどうのお世話おする」はとても好評です。

詳細は美術館のホームページやSNSで確認してください。

今回、ぶどうの摘果のワークショップのお手伝いをしてきましたのでその模様を報告しますね。

最初にこの日に行う作業について説明を受けます。

お子さんも保護者の方も真剣に聞いてくれました。

脚立に登るのを怖がっていたお子さんもいましたが、すぐに慣れて高いところのぶどうの実の摘果を上手に行っています。

摘果の作業が終わったらプロの画家、出口果歩さんに手ほどき絵を受けながらスケッチ大会です。

美術館で用意したテーブルと椅子に座ってさっき摘果したぶどうの実やぶどうの葉をスケッチする子供達。

美術館周辺にあるアート作品やポップなど、子供達は様々な絵を描いてくれました。

子どもたちが描いてくれたスケッチは出口果歩さんの好評を受けました。

どれもとても素敵な絵ばかり。

使用したスケッチブックはプレゼントされていましたので、いろんなものをたくさんスケッチしてほしいですね。

今年の「星ぶどうのお世話をする」ワークショップはあと3回。

次回は作家の木村崇人さんも一緒に「ぶどう狩り&ピンホールカメラ」のワークショップです。

募集開始は7/23から。

星ぶどうの星の木漏れ日の謎、ピンホール現象の仕組みを利用したカメラを作って謎の解明に近づきましょう。

市原湖畔美術館
住所:千葉県市原市不入 75-1
電話:0436-98-1525
休館日:月曜日(祝日の時は翌日)

市原湖畔美術館 Homepage
市原湖畔美術館 Twitter
市原湖畔美術館 Facebook
市原湖畔美術館 Instagram

次回企画展 7/16~9/25
いきものたちはわたしかがみ ミロコマチコ

子どもゆめ基金助成活動
イベントの申込みはイベントページで

★星ぶどうのおせわをする
6/18 ぶどうの摘果&スケッチ
8/20 ぶどう狩り&ピンホールカメラワークショップ
9/17 ぶどうにお礼肥&スケッチ
12/10 ぶどうの枝の剪定&クリスマスリース作り

★アーティストのパワーの源ってなんだろう?
8/6 カタチから生き物を見立てる(森靖さん)
9/3 卵が絵具になっちゃった?(満尾洋之さん)
11/23 葉っぱがデジタルに?(沼田侑香さん)
12/3 美術館の中で星まつり!(前田麻里さん)

湖畔美術館は「夏いちはらスタンプラリー」のスポットにもなっています。

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。