トレンド/カルチャー

【陶芸】日本文化に触れてみよう。「器の底切れ防止」

賀数郁美

半農半陶の陶職人

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

ろくろを水引きする際に気を付ける事は高台をしっかりと締めながら作る事。
器を作って乾燥した時に底が切れたり焼き上げた後にそこが切れていたりという、現象があるかと思います。

その問題はほとんど「水引き」で決まります。
動画の中で①土取り②そのまま引き上げる③高台をとる④左手を器の中に入れ右手は高台を抑える。

④をしっかりと締めることで底切れを防止できます。
やり方は右手の高台を抑えている手はそのままキープしたまま
左手を器の中に入れて見込みの真ん中から右側へ下へ押しながら移動をする。
これだけです。

すると、底切れが著しく減少するかと思います。色々な形の器も原理は同じです。
試してみて下さい。

BGM
日本式風景

…続きを読む