「歴史ある風景に溶け込む」――建築家・石上純也がつくる「古さを持つ新築」

柿本ケンサク

映像作家/写真家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

「東京の時間の重みと融合するものをつくりたい」。神奈川工科大学KAIT広場、アートビオトープ那須の「水庭」など、自然と調和した建築を多く手がける建築家・石上純也。石上はこの夏、東京・九段下にある古い邸宅の庭に「木陰雲」と題した「日除け」を設置した。「木陰雲」は新築でありながら、昔からそこにあるような趣を持つ。時間の重みをどうつくりあげたのだろうか。

●時間とともに、建築が周辺環境に馴染んでいく

東京・九段下に、昭和2年、実業家の山口萬吉によって建てられた邸宅がある。時代が移り変わり、周囲の建物が次々と建て替わるなか、「kudan house(旧山口萬吉邸)」は今も建築当時の姿を残している。

石上は、この邸宅内の「kudan house 庭園」に「木陰雲」というパビリオンをつくった。Tokyo Tokyo FESTIVAL スペシャル13「パビリオン・トウキョウ2021」のために制作され、9月5日までの間、この場所に設置される。

「パビリオンは期間限定の建築です。新築されて2カ月ほどでなくなってしまうことに、寂しさを感じていて。建物の魅力は、時間の経過に伴って、周辺環境に馴染んでいくことにあると思います。時間が経つほど柔らかく馴染んで、周辺環境も取り込んだその建築の役割が見えてくる。だから今回のプロジェクトでも、短期間ではあるけれど、東京の時間の重みと融合するものをつくりたいと思いました」

「木陰雲」は木造の日除けで、穴の空いた木の屋根が庭園に設置されている。新しくできた屋根と柱、庭に生い茂る樹木は一体化し、ともに時を刻んできたかのように見える。

「新しい日除けが歴史ある風景に溶け込むように、新築であるにも関わらず、古さを持たせたいと考えました。木造の柱と屋根を庭いっぱいに計画し、その構造体を焼き杉の技術を用いて焼いています」

●昭和初期の庭をよみがえらせる

黒い屋根が大きく広がり、影のようになっている。これは、高層建築に囲まれた現代的な風景を消すためだ。

「邸宅が建てられた昭和初期、周辺に高層建築はなかったと思います。今は周りを囲んでいるので、庭から高層建築が見える。それを『影』で覆うことで、現代的な風景に邪魔されずに自然環境を感じることができます」

高層建築を見えなくすると、建物と庭の関係は変化する。

「もともと大きな邸宅にかわいらしい日本庭園があり、そのスケール感でバランスが取れていた。ところが高層建築が建ったことで、庭が極小に見えるようになってしまった。屋根を張って周辺の建物を見えなくすることで、建築当時の庭と建物の関係性を、もう一度取り戻す。昭和初期の自然環境を体感できるようにしたいと考えました」

また、周辺環境の変化は日当たりにも影響している。

「周辺に建物が建つことによって、薄暗くなっていった。それをどう美しくよみがえらせるか。焼き杉をした構造体で庭を覆い、庭全体の照度を下げます。そこに弱い日差しが入ることで、光が明るく美しく見えるようにする。例えば日本家屋の坪庭は明るくないけれど、家屋の暗がりの中から坪庭を見れば、柔らかい光がきれいに見えますよね。それと同じ原理です」

焼き杉は、木の表面を焼いて炭化させることで耐久性を持たせる技術。今回はその技術を応用した。

「焼き杉によってできる木肌の荒れた質感は、時間の経過を含んでいるように見える。鍛冶屋にお願いし、火力を調節して、表面を焼くところと木を焼き切ってしまうところなど、ばらつきをつくりました。現場で焼きながら形の調整をして、庭の雰囲気に慣らしています。擬似的な古さではなく、自然と朽ちていったようにつくりあげる」

木の構造体はしなやかな形状に整えられ、老木と混ざり合っている。そこに、屋根の隙間から光が差し込む。そうしてつくられた木漏れ日が涼しげな風景を形成している。

「夏の昼間、人々は暗がりのほうに心地よさを感じて、導かれていく。庭にきれいな影をつくって、都心空間の中で安らげる場所にしたいと思いました」

石上は「木陰雲」にこんな言葉を寄せている。

「樹木の間から覗く現代の風景は消え去り、夏の強い日差しは和らぎ、訪れる人々はこの庭のなかに流れる古い時間とともに過ごす。真っ黒の構造体は、夏の午後に老木の間を漂う涼し気な影である」

クレジット

出演:石上純也
監督:柿本ケンサク
撮影:柿本ケンサク/小山麻美/関森 崇/坂本和久(スパイス)/山田桃子(DP stock)/岩川浩也/飯田修太
撮影助手:荒谷穂波/水島陽介
編集:望月あすか
プロデューサー:金川雄策/初鹿友美 
ライター:塚原沙耶  
Special Thanks:C STUDIO

シェア

いいね

コンテンツへの感想


ドキュメンタリーの新着コンテンツ

もっと見る

こちらのクリエイターもおすすめ

もっと見る

タグから探す

もっと見る