タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

格安サウンドバーでいつものテレビがプチ映画館サウンド!俳優の声が楽しめるテレビにお手軽変身。

カーミー

社畜ブロガー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは、

スタジオ・カミックス管理人のカーミー@StudioKamixです。

アマチュアミュージシャンでイヤホン・スピーカー類も研究しています。

(プロフィールはこちら※カーミーのブログ「Studio Kamix」へのリンク)

今回はTaoTronicsさんのサウンドバー

TT-SK023のご紹介です。

TaoTronicsサウンドバーTT-SK023の特徴

TaoTronicsのサウンドバーTT-SK023の特徴は

なんと云っても、

大型テレビ用に開発された

全長80cmという大きなサイズと

40Wと云う高出力と

そのコスパでしょう。

TT-SK023の特徴

  1. 全長80cmと大きなスピーカー
  2. 40Wの高出力
  3. コストパフォーマンス

いったいどんな音がするのか?

楽しみです。

TaoTronicsTT-SK023サウンドバーの開封動画レビュー

さあ、今回も開封動画を撮影しました。

こんな大きな製品の動画は初めてでしたので

少し手間取りましたが、

製品の質感や梱包状態などご確認ください。

TaoTronicsTT-SK023外装・付属品

パッケージ

TaoTronicsさんのパッケージのテーマカラー

「オレンジ」で彩られたパッケージで届きました。

内部は専用スチロールでしっかりと梱包されていましたので

運送時の衝撃にもしっかり耐えてくれてそうで安心です。

(写真はウチのアホ猫レオくんがTT-SK023をチェックしています(笑))

付属品

付属品は

  • マニュアル類
  • 専用リモコン(単4電池2本付属)
  • 電源ケーブル
  • 光デジタルケーブル
  • AUX入力用ケーブル
  • 壁掛け用ネジセット

となります。

TaoTronicsTT-SK023サウンドバー設置

この製品はテレビの音声出力をメインに作られてる様なので

我が家のリビングのテレビ下に設置することにしました。

TaoTronicsTT-SK023サウンドバーへの入力方法

TaoTronicsTT-SK023は3つの入力方法を備えています。

TT-SK023入力方法

  • AUX
  • 光デジタル入力
  • Bluetooth

ウチのテレビは10年以上経過した

SONY BRAVIAの40インチですが、

確認してみると・・・・

なんと!光デジタル出力をもっていたので

「これは使わない手はない!」と思い、

光デジタルでTaoTronicsTT-SK023と接続することにしました。

光デジタルケーブルが付属

TaoTronicsTT-SK023は

1.2Mの光デジタルケーブルが付属していますので

助かりました。

一個注意点としては・・・、

光デジタルケーブルは端子の先端を保護するために

カバーがついてますのでカバーの外し忘れにご注意下さい。

僕は気づかずに接続してつながらないので焦りました。

<ご注意>
光デジタルで接続する場合は忘れず端子のカバーをとるコト

通常の3.5mmの音声入力「AUX」も備えていて

ケーブルも付属しています。

なので通常のテレビの音声出力から接続可能ですね。

もちろんBluetooth接続もできますので用途に応じて使い分けできそうです。

光デジタル接続の場合のテレビ側の出力設定

光デジタルでテレビとTT-SK023を接続する場合は

テレビ側のサウンド出力設定を「PCM」にしましょう。

テレビの設定項目の「サウンド」関連に

「出力方式」などの項目があると思いますので

そちらを「PCM」に変更すればOKです。

TaoTronicsTT-SK023の壁への設置

TaoTronicsTT-SK023はサウンドバーなのでテレビの下部への設置が

望ましいでしょう。

壁への設置が必要になる場合、

壁設置用のネジセットが付属しています。

環境によって置き方が変わってくると思います。

ウチの場合は、

テレビ用のくぼみに置けたので、

固定せずにそのまま置きました。

TaoTronicsTT-SK023の基本仕様

基本仕様をざっと表にしてみました。

参考リンク 筆者:カーミーのブログ「Studio Kamix」内の記事です。
猿でも分かるし、分かると楽しいBleutoothコーデック

ズシリと重いですが本体重量は1.77kgです。

本体サイズも幅80cmなので40インチ以上のテレビにはしっくりときますね。

30インチ台でもちょうどくらいではないでしょうか?

TaoTronicsTT-SK023ファースト・インプレッション

設置と接続が完了しました。

さっそくファーストインプレッションのレビューです。

見た目

シンプルで美しいです。

黒の「ザ・サウンドバー」という出で立ちは精悍ですね。

だいたいのインテリアにもマッチすると思います。

前面に接続方式の表示がLEDでされますのでちょっとカッコ良いですね。

サウンド・クオリティ

サウンドのファースト・インプレッションは

「うおっ!?」となりました。

低音の効いたハリのある音がします。

さすが40Wの出力!

やはり出力が高いとこんなにも違うんだな・・・、

とあらためて高出力の大切さを感じました。

サウンドバーTaoTronicsTT-SK023で映画鑑賞

TaoTronicsTT-SK023の能力をしっかりとレビューするために

映画を2本観ました。

映画をそこそこの音量で観ると、このサウンドバー

TaoTronicsTT-SK023の性能がよく分かりました。

まず、

テレビのスピーカーとは全く比較になりません。

低音、音のハリ、解像度、迫力

「全てのサウンド・クオリティがテレビのスピーカーを凌駕します。」

特に、気に入ったのは・・・、

映画の中のさまざまな「音」がとてもクリアに聴こえるコト。

映画の中で流れる音楽ももちろんですが、

ほぼ無音のシーンでドアが開く音や

床がきしむ音や、パソコンをタイピングする音や

生活音の様なものがとてもクリアに聴こえて心地よかった。

映画館で観る感覚にグッ〜〜〜と近づきます。

TaoTronicsTT-SK023は俳優さんの声を楽しめる

あと、余談ですが、

ジョージクルーニーさん主演の映画を観たのですが、

ジョージさんの「低音のカッコ良い声」

バリッと聴こえるのは

思わず口笛を吹きたくなる思いがしました(笑)

俳優さんや声優さんの声を楽しむのにはとても良いスピーカーですね。

TaoTronicsTT-SK023はテレビのスピーカーに戻れない

この価格でこのサウンドが出るのは「お値打ち」ですね。

一度TaoTronicsTT-SK023の音を体験すると、

もうテレビのスピーカーの音には戻れなくなります(笑)

そのくらいのレベルですね。

サウンドバーTaoTronicsTT-SK023で音楽鑑賞

映画鑑賞で予想以上のサウンドに驚いたので

音楽も試してみました。

映画のサウンドがかなり良かったので音楽も期待しましたが、

音楽の方は驚くほどのクオリティは感じませんでした。

しかし、やはり40Wと云う高出力のため

音質にしっかりとした「ハリ」があるのは間違い無いです。

クッキリとしたサウンドで

大きな音で出しても揺るがないどっしり感が頼もしいですね。

全体的にはバランスがとれていて安定感のあるサウンドでした。

TaoTronicsさんのスピーカー・イヤホンは

どの製品も音のバランスが優れているので

その辺はさすがのTaoTronicsクオリティでした。

<各音域の印象は次の通り>

音楽鑑賞時、TaoTronicsTT-SK023への接続は

Bluetoothで行いました。

TaoTronicsTT-SK023のBluetooth接続方法

接続方法は至って簡単です。

TaoTronicsTT-SK023のモードをBluetoothにします。

(本体・リモコンから行えます。)

あとは接続したい機器から

Bluetooth設定を開いて

「TaoTronicsTT-SK023」を選ぶだけ。

TaoTronicsTT-SK023から接続音が鳴れば完了です。

Bluetoothコーデック

Bluetoothのコーデックに関しては

明記されていませんでしたが、

おそらくSBCAACだと思われます。

(あくまで推測)

或いはSBCだけかな・・・?

Bluetoothコーデックに関して詳しくはこちら↓

参考リンク 筆者:カーミーのブログ「Studio Kamix」内の記事です。
猿でも分かるし、分かると楽しいBleutoothコーデック

操作性〜本体ボタンとリモコン

TaoTronicsTT-SK023は本体にも操作ボタンがあり、

リモコンでも操作が可能です。

本体操作

本体の右上側、

上向きに物理ボタンが4つ並んでいます。

奥から

  • 電源
  • 入力モード選択
  • 音量上げ
  • 音量下げ

となります。

リモコン操作

本体操作のボタンに加えて

イコライジングモードの変更ができます。

映画・音楽・ゲームの3つを選ぶことがリモコンから可能です。

TaoTronicsTT-SK023の頑張ってもらいたかったところ

頑張ってもらいたかったところ・・・・・?

・・・って考えてみたけど

よく出来ていて予想以上のクオリティだったので

正直頑張りどころが見当たらない・・・・。

強いて云うならば、

音楽再生時のサウンド・クオリティをもう一段上げてくれたら・・・?

ってくらいだろうか?

ちょっと望み過ぎの様な気はするのだけれど

音楽を聴いた時の、

中音域の解像度が上がるとかなり華やかな音になるのではないか?

と思う。

TaoTronicsTT-SK023レビューまとめ

一通り評価してみたので表にまとめてみた。

最後に

最後まで読んで下さってありがとうございます。

こういった記事がもし、気に入っていただけたら

「いいね」「フォロー」「コメント」などして頂けると

ワタクシ、カーミー大変嬉しいです。

よろしくお願いします。

m(>o<)m

ガジェット記事を中心に写真に関する記事やエッセイなどなどを書いて

雑記ブログ「Stuidio Kamix」を運営していますので

よければこちらも覗いてやってください。

(*゚∀゚*)/

レビュー記事(雑記ブログ:Stutio Kamix内の記事)

[レビュー]TaoTronicsサウンドバーTT-SK023〜テレビに接続して使うとプチ映画館サウンドで俳優さんの声が楽しめてコスパも高!

筆者:カーミーが運営する雑記ブログ「Studio Kamix」へのリンク

雑記ブログ「Studio Kamix」

シェア

いいね

コンテンツへの感想