タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

WiFiの10倍以上のスピード!デスクで使うMacBookには有線LAN搭載のUSBハブが必需品!

カーミー

社畜ブロガー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは、ガジェット大好き

スタジオ・カミックス管理人のカーミー@StudioKamixです。

(カーミーのブログ「Studio Kamix」へのリンク)

プロフィールはこちら

USB Type-Cしか搭載していないMacBook ProやMacBook Airを

使う人は多いと思います。

これらはご存知の通りインターフェイス(入出力)が

USB Type-Cと3.5mmのイヤホンジャックしかない。

なので、USB-Type Cハブは「絶対的な必需品」である。

今回はBaseusさんの「イーサネットLANポート」

が付いたUSB Type-Cハブ

「Baseus 8in1 USB-C PD ハブ」をご紹介します。

Baseus 8in1 USB-C PD ハブの特徴

Baseus 8in1 USB-C PD ハブの特徴をご紹介。

イーサネットLANポート搭載

USB-Aが余裕の3ポート

HDMI・USB-C・SD・MicroSDの全部入り

Baseus 8in1 USB-C PD ハブのパッケージ・開封

それでは開封してみましょう。

今回も動画を作成したのでこちらをご覧下さい。

ちょっと短めです。

パッケージはこんな感じです。

シンプルなパッケージでした。

写真からは伝わりづらいですが、

パッケージ表の製品写真の部分だけ

表面にザラザラ加工がされていて触った感じが印象的でした。

パッケージにもこだわりが感じられますね。

中身はいたってシンプルで

本体とマニュアル類がはいっていました。

あと、Baseusさんのキャラクター?でしょうか?

クマちゃん?ライオンくん?のかわいいシールがついてます。

全てを満たすBaseus 8in1 USB-C PD

Baseus 8in1 USB-C PDは

クリエイターの僕が必要としているインターフェイスを

全て網羅してくれていて

尚且つイーサネットLANポートを搭載している。

網羅性の高いハブになる。

Baseus 8in1 USB-C PD搭載インターフェイス(入出力)

さっそくBaseus 8in1 USB-C PDに搭載されている

インターフェイスを表にしてみた。

そして、USB Type-CのオスがひとつあるのでMacBook Pro側にさすことになる。

Baseus 8in1 USB-C PDの仕様

本体の仕様はこちら

重さ

重さは「88g」とたいへん軽量です。

持ち運びも苦になりませんね。

大きさ

約13cm x 4.4cm x 1.6 cm

とコンパクトサイズです。

カバンに入れてもかさばりません。

驚愕の有線LANスピード1Gbps

今回、Baseus 8in1 USB-C PD ハブをつかって

有線LANをM1 MacBook Proにはじめてつなぎましたが、

驚愕のスピードが出てしまい・・・、

思わず「ゲェェェッ」と驚愕の声が出てしまいました。

と云うわけで、WiFiとの比較を紹介します。

まずはWiFiのスピードを計測しました。

計測はfast.comで行いました。

まあ、おウチWiFiでルーターもたいしたことないので

こんなもんか・・・・

「60Mbps」

では、Baseus 8in1 USB-C PD ハブを使って

有線LANで繋げます。

まさかの「780Mbps」

おいおいおい・・・・、

まぢかよ・・・・・?

「約13倍」のスピードが出ました。

こ・・・・こんなに違うのは予定外・・・・。

(何度かテストしてみましたがほぼ13倍でした。)

ずっとWiFiで動画のバカでかいファイルを

何時間もかけてアップロードしたりしていたのを思い出し・・・

なんてこった・・・と青ざめた(笑)

これはもう、おウチのデスクで作業するときは

Baseus 8in1 USB-C PD ハブで有線LANしかないっしょ!

ってコトになりましたね。

これからネットスピードが爆上がりしそうです。

楽しみ(笑)

嬉しい誤算でした。

HDMIインターフェイスについて

僕はセカンドディスプレイをよく使うので

HDMIに関してもテストしてみました。

全く何の問題もなく表示されました。

4K表示でリフレッシュノートは30Hzとのコト。

ゲームはやらないので十分な表示でした。

Type-C PD3.0でフルスピード充電

Baseus 8in1 USB-C PDに搭載している

USB Type-Cインターフェイス(メス)は

「PD3.0対応」に対応しています。

なので100Wまでの効率的な充電に対応していますので

「充電スピードが早い」

という特徴があります。

MacBook Proもフルスピードで充電可能ですね。

Baseus 8in1 USB-C PD使用スタイルを紹介

僕は自宅の作業スペースでBaseus 8in1 USB-C PDを使う予定です。

実際の様子はこんな感じですね。

良い感じに繋がりました。

各インターフェイスをこんな風に使っています。

SDカードは通常サイズのSDカードスロットと

microSD(TFカード)の2種類があって

どちらも使うことができました。

佇まい・デザインがカッコ良い

Baseus 8in1 USB-C PDは普通に見た目がカッコ良いです。

何と云うか・・・シュッとしてますね(笑)

「スタイリッシュ」です。

アルミのクールなデザインにオレンジのアクセントカラーが

キリッとデザインを引き締めて個性を主張します。

通電時には青いLEDが点灯しますので

こちらも印象的ですね。

Baseusさんの製品は全般的に「デザインが秀逸」で

所有欲をコチョコチョとくすぐられます(笑)

ガジェットって「機能」がもちろん大事ですが、

僕は、「見た目」もとても大事だと常々思っています。

「愛でて」楽しい製品は

日々の生活をアゲてくれます!

「コレ大事!」

Baseusのデザイナーさんは優秀だな〜・・・と

思った次第でした。

まとめ

僕はハブにLANポートを期待していなかったのです、

使ってみてその「スピードに驚愕!」

一瞬でマストアイテムに昇格しました。

その他のインターフェイスも必要十分に揃っていて申し分ないです。

おまけに見た目もクールで愛でるのも楽しい。

クリエイターの環境をワンランク上げてくれる「ハブ」

おすすめですね。

最後に

最後まで読んで下さってありがとうございます。

こういった記事がもし、気に入っていただけたら

「いいね」「フォロー」「コメント」などして頂けると

ワタクシ、カーミー大変嬉しいです。

よろしくお願いします。

m(>o<)m

ガジェット記事を中心に写真に関する記事やエッセイなどなどを書いて

雑記ブログ「Stuidio Kamix」を運営していますので

よければこちらも覗いてやってください。

(*゚∀゚*)/

筆者:カーミーが運営する雑記ブログ「Studio Kamix」へのリンク

雑記ブログ「Studio Kamix」

シェア

いいね

コンテンツへの感想