タイトル画像

ランタンひとつでお家の「日常」がアウトドアな空間に!?〜レトロLEDランタンのすすめ

カーミー

社畜ブロガー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは、

アウトドア大好き

スタジオ・カミックス管理人のカーミー@StudioKamixです。

(カーミーのブログ「Studio Kamix」へのリンク)

プロフィールはこちら

ずっと前からほしかったランタンをついに買いました。

正確には貯まっていたポイントで換えました。

決めては「見た目」です。

ベアボーンズ(Barebones)LEDレイルロードランタンとは?

Bareborns(ベアボーンズ)さんと云うアウトドアメーカーさんの

LEDランタンです。

鉄道職員用につくられたランタンを模したデザインの様です。

なので、名前が「レイルロード(鉄道)・ランタン」なんですね。

少しレトロな外観ですが、

昔の鉄道用につくられたデザインなので

おそらく鉄道会社職員の人々が点検などで回る際に

手に持って移動するためにつくられたデザインなんでしょうね。

戦前の北米鉄道会社で使われてきたレイルロードランタンを模したランプです。

(※BarebonesさんのHPより引用)

なので、特徴的なのが

ランタンの周りを覆う金属のフレームです。

少々ぶつけてもこのフレームが真ん中のランタン本体を守ってくれます。

▼ゴツっとした金属フレーム

そして、上部には大きな持ち手と

ランタンを覆う大きめの傘部分が目立ちます。

この傘で少々の雨でもランタンの火が消えない様に

なっているのでしょう。

なので、このランタンは手持ちをするのがデフォルトだと思います。

▼大きな傘部分

僕は夜間の撮影などで灯りが必要な時がまれにあるので

そういった時に使うと良いな〜っていうのと

アウトドアでもインドアでも置いたり、吊るしたり色々使えそう!

ってのが気に入りました。

ベアボーンズ(Barebones)レイルロード・ランタンの明るさ

それからLEDなので屋外はもちろん屋内でも

安心して使えそうなのでリビングやベッドサイドでも

使おうと思っています。

▼点けるとこんな感じ

ちょい白く映ってますね。

本来はもうちょい黄味がかっています。

ハイ・モードはかなり明るいので

雰囲気を楽しみたい時はローで十分ですね。

出力は、ハイモードで4時間、ローモードで100時間点灯します。

(※BarebonesさんのHPより引用)

お家ランタンのこんな使い方

リビングの脚立の上にオブジェ的に置いてみると・・・、

猫に占領されてました。

家の玄関入ったところに

吊るしてみると良い感じでした。

ランタンのデザインが良いので

映えますね。

少しくらいウチの玄関が若干明るくなりました。

お客さんが来る時はつけとくとウェルカム感あるな〜。

さらに、

試しに晩酌の時にダイニングテーブルで点けてみました。

なんだかアウトドア感が出て雰囲気変わりますね。

お酒も美味しく感じられました。

ベアボーンズ(Barebones)レイルロード・ランタンまとめ

僕はよく庭でBBQしたりもするので、そういったシーンでも活躍しそうです。

もちろんキャンプや夜間の外出時などアウトドアでの利用はバッチリですね。

ランタンがあるだけで雰囲気がガラッと変わるので

このコロナ禍で非日常を味わうグッズとしても良いですね。

早く外で使ってみたいな〜。

さらに詳しい内容はこちら

最後に

最後まで読んで下さってありがとうございます。

こういった記事がもし、気に入っていただけたら

「いいね」「フォロー」「コメント」などして頂けると

ワタクシ、カーミー大変嬉しいです。

よろしくお願いします。

m(>o<)m

ガジェット記事を中心に写真に関する記事やエッセイなどなどを書いて

雑記ブログ「Stuidio Kamix」を運営していますので

よければこちらも覗いてやってください。

(*゚∀゚*)/

筆者:カーミーが運営する雑記ブログ「Studio Kamix」へのリンク

雑記ブログ「Studio Kamix

シェア

いいね

コンテンツへの感想