タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

アウトドア、ノマドワーク、防災、全てを叶えてくれるコンパクト&パワフルなポータブル電源

カーミー

社畜ブロガー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは、

スタジオ・カミックス管理人のカーミー@StudioKamixです。

この記事はEcoFlowさんのポータブル電源

「RIVER miniワイヤレス」の紹介記事です。

まずは「EcoFlow RIVER mini」の特徴からご紹介します。

EcoFlow RIVER miniの特徴

EcoFlow RIVER miniはポータブル電源の中でも

容量が少なめのライト・クラスのポータブル電源ですが、

その中でもバランスの良い機能・性能を備えた

パフォーマンスの高い製品です。

その中でも

  • 顔(デザイン)が良い
  • コンパクトで軽い
  • 多彩な8ポート充電
  • ちょうど良い容量
  • 無線充電Qi搭載

がポイントですね。

EcoFlow RIVER miniの見た目

EcoFlow RIVER miniは

「顔(デザイン・見た目)」が良いです。

黒いフォルムに考えられたデザインで

インドアにもアウトドアにも調和する

ポータブル電源界のいわゆるビジュアル系ですね(笑)

ブラックの引き締まった精悍なボディに

見やすい液晶パネルと各インターフェイスが

バランスよく配置されていてデザインの良さが大きな魅力です。

佇まいが良い

ポータブル電源って「電気を供給する」と云う

最大のミッションがあるのですが、

やはり「顔」が良いに越したことはありません。

▼こちらは我が家の中庭でテストをした時の様子

いかがでしょう?この佇まい。

アウトドア・シーンにめっちゃマッチしていて

雰囲気を壊さないどころか、シーンを盛り上げてくれます。

これ、実はお部屋のインテリアにもマッチするんですよね。

パソコンとスマホとタブレットをもって

家の中でノマドをするなんてのも可能です。

コンセントに縛られなくて良いので家の中のどの場所でも

ロケーションフリーで活動ができますね。

どこでも溶け込んでくれるデザインはかなりポイント高いです。

EcoFlowさんの製品は全般的にどれもデザインが良いですね。

実は僕も一目惚れでした(笑)

ポータブル電源って今はいろいろ選択肢があるんですが、

実は、「顔」がイマイチやな〜・・・ってのが多いんですよね。

その点、EcoFlow RIVER miniはイケメン(イケジョ)です。

アウトドア・テイスト

オーディオ機器か?と思わせそうな外観ですが、

アウトドアシーンにも相性がよくて映えます。

キャンプやちょっとした屋外BBQの時なんかも

その場に馴染んで雰囲気を上げてくれます。

今時のアウトドアグッズは見栄えの良いグッズが多いですが、

EcoFlow RIVER miniならどんなアウトドアシーンでも

どんなガジェットとも調和してくれて楽しめそうですね。

▼お家の中でも調和してくれます。

「映え」は「電力供給」には関係ありませんが、(笑)

気分がアガりますので重要です!

液晶パネル

液晶パネルが見易くてカッコ良い。

メインの液晶に「電気残量」や「稼働可能時間」

出力W(ワット数)、入力W(ワット数)などが、

表示されます。

大きく表示されますので、大変見やすく安心感があります。

サイド・AC(コンセント)出力

液晶パネルに向かって左サイドには

「AC(コンセント)の出力」と「充電用の入力」が備わっています。

全ポートつないでみた

EcoFlow RIVER miniは全部で8ポートを備えていますので

一度、全てのポートに繋いでみました。

▼こんな感じ

なかなか壮観ですね。

ガジェット好きにはたまらない光景です(笑)

これ見ながらご飯が食べられそう(笑)

液晶パネルを見ると電気がどんどんと充電されていくのが分かります。

▼充電した機器類は八種類

8台繋いでもすべての機器をしっかりと充電してくれて

頼もしい限りでした。

高出力で一部家電が稼働

EcoFlow RIVER miniはACコンセントで

「300W(Surge600W)」までの家電が利用可能です。

出力の高すぎる家電は使えませんが、

300Wまでの出力の家電はACコンセントで利用できます。

(※X-Boostと云うブースト機能を使えば600Wまで利用可能です。)

扇風機

例えば、扇風機ですね。

さっそく試してみました。

ばっちり力強く稼働しました。

なんの問題もありませんでした。

プロジェクター

最近はキャンプでプロジェクターをつかう方も多いと聞きます。

さっそく試してみました。

良い感じに映ってました。

アウトドアでみんなで見ると盛り上がりそうですね。

これで、キャンプの夜の楽しみが増えました。

4Kモニター

僕はたまに屋外で4Kモニターを使うコトがあるので

試してみました。

ギターアンプ

僕はアマチュア・ミュージシャンでもありますので

ギターのアンプを試してみました。

▲Rolandさんの古い10Wギターアンプと僕の愛機「ジャズマスターくん」です(笑)

なんと、問題なく音が出ました。

正常稼働です。

音色にも全く問題ありません。

あとは、これに小さなミキサーとアンプスピーカーを

つなげれば、ちょっとしたミニコンサートには使えそう。

EcoFlow RIVER miniは本体充電が速い

EcoFlow RIVER miniは本体の充電が速いです。

一度空っぽになるまで中身を使い切って

充電をしてみました。

恐るべしX-stream

EcoFlow RIVER miniには

X-streamと呼ばれるテクノロジーが

搭載されています。

このテクノロジーは本体への充電を高速化する技術です。

結果的に

なんと!約「1.5時間」で満充電になりました。

すごいですね、この速さ。

特に「0%〜80%までは約1時間」で

あっという間に充電されます。

EcoFlow RIVER miniの無線充電

EcoFlow RIVER miniには無線充電搭載と非搭載が選べます。

こちらは無線充電を搭載していますので試してみました。

iPhone 13 Proを充電してみたところ、

問題なく充電されました。

この無線充電は「Qi」規格なので

「Qi」に対応している機器は、

EcoFlow RIVER miniの上に載せるだけで充電ができますね。

(EcoFlow RIVER miniは無線充電搭載機と非搭載機があります。)

EcoFlow RIVER miniレビューまとめ

どんなシーンにも合う「顔が良さ」、

気軽に運べる「手軽なサイズ」に、

ノマドワークや軽いキャンプにぴったりの容量、

ACコンセント充電も、シガーソケット充電も、

Qi無線充電もUSB Type-C充電、USB Type-A充電も

「全部OK」のマルチな頼もしいやつ。

「mini」なのに頼もしいポータブルバッテリー

EcoFlow RIVER miniは最高の相棒になりそうです。

最後に

最後まで読んで下さってありがとうございます。

こういった記事がもし、気に入っていただけたら

「いいね」「フォロー」「コメント」などして頂けると

ワタクシ、カーミー大変嬉しいです。

よろしくお願いします。

m(>o<)m

ガジェット記事を中心に写真に関する記事やエッセイなどなどを書いて

雑記ブログ「Stuidio Kamix」を運営していますので

よければこちらも覗いてやってください。

(*゚∀゚*)/

筆者:カーミーが運営する雑記ブログ「Studio Kamix」へのリンク

雑記ブログ「Studio Kamix」

シェア

いいね

コンテンツへの感想