タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

キッチン・スマホは「壁付け」ではかどる!レシピやエンタメ「ながら料理」の頼もしいアクセサリ

カーミー

社畜ブロガー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは、

スタジオ・カミックス管理人のカーミー@StudioKamixです。

僕がとっても気に入って使っているスマホ・アクセサリ

「beak(ビーク)」ですが、

▼beakに関しての詳しい記事はこちら

先日、beak(ビーク)のキッチン用の拡張アイテムで

「スチールパッド・フォー・キッチン」がリリースされたので

さっそく使わせてもらいました。

この記事では「beak(ビーク)スチール・パッド・フォー・キッチン」について

レビューしたいと思います。

beak スチール・パッド・フォー・キッチン開封

小さなアイテムなのでパッケージも

小さくてシンプルです。

▼中身はこんな感じ

白いスチールがビニールに入っています。

さらにビニールを開けるとこんな感じ。

スチールパッド使ってみた

さっそくキッチンの良さげな場所をみつけて

両面テープで貼り付けてみました。

ウチのキッチンの壁はタナクリームという塗り壁なのですが、

両面が強力なのでしっかりとくっつきました。

さっそく、beak(ビーク)を装着したiPhone 13 Proをくっつけてみます。

ビタっとくっつきます。

良い感じですね。

▼斜めから見るとこんな感じ

さらに「横置き!」も。

実はbeakにもともと付属している小型のアタッチメントは

「横置き」は得意なのですが、

縦にした場合にくっつきが弱まってしまう弱点がありました。

しかし、このスチール・パッド・フォー・キッチンは

「縦置き」も「横置き」も両方とも

しっかりとホールドされますので安定感があります。

この様に「横置き」もバッチリでした。

安定してくっついてくれました。

僕もキッチンでレシピ動画をみながら作業したり

「魚の捌き方動画」を見ながら魚を捌いたり

韓国ドラマを見ながらコーヒー淹れたり

・・・などなど、

キッチンでの「ながら作業」が結構あるので

この「スチール・パッド・フォー・キッチン」は

地味に活躍してくれそうです。

まとめ

ますますbeak(ビーク)の使い勝手が良くなって

ファンとしては嬉しい限りですね。

僕は「職場」では鉄製のブックエンドにbeak(ビーク)をつけ、

▼こんな感じ

「車」ではアタッチメントを利用して

中央パネル付近にbeak(ビーク)をつけ、

▼こんな感じ

「ジム」ではマシンにダイレクトでくっつけ、

▼こんな感じ

さらにこのパッドでキッチンにも新しい設置場所ができて

ますます便利になってbeak(ビーク)がさらに手放せなくなりました。

こういう追加の拡張アイテムで

さらにカスタムがすすむのって嬉しいですね。

さらに詳しい内容はこちら▼

最後に

最後まで読んで下さってありがとうございます。

こういった記事がもし、気に入っていただけたら「いいね」「フォロー」「コメント」などして頂けるとワタクシ、カーミー大変嬉しいです。

よろしくお願いします。 m(>o<)m

筆者:カーミーが運営する雑記ブログ「Studio Kamix」への外部リンク
雑記ブログ「Studio Kamix」

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。