タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

ペットや赤ちゃんの居るお家でも清潔で気持ち良い「テリピカ・フローリング床」を実現するロボット掃除機

カーミー

社畜ブロガー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは、

スタジオ・カミックス管理人のカーミー@StudioKamixです。

この記事はyeedi(イーディ)さんのロボット掃除機、

「Yeedi モップステーション」のレビュー記事です。

結論から言うと、

このロボット掃除機は

回転モップによる「本格的な水拭き掃除」ができて

なおかつ「モップの自動洗浄機能」を備えた

モップによる超強力な清掃能力をもつロボット掃除機です。

吸引による掃き掃除がメインのロボット掃除機とは

清掃結果が全く異なります。

お世辞抜きで

ピカピカに輝く清潔で美しい床面を実現してくれます。

ペットが居るご家庭や、赤ちゃんが居るご家庭にもオススメですね。

Yeedi モップステーションの特徴

<Yeedi モップステーションの特徴>
◯二つの回転モップによる「モップ拭き掃除」
◯モップの「自動洗浄」機能
◯本格的な「モップによる拭き掃除」と「掃き掃除」を両立

Yeedi モップステーションの開封動画

いつものように開封動画をご覧ください。

Yeedi モップステーションのパッケージ

パッケージはこんな感じです。

Yeedi モップステーションの付属品

付属品を紹介していきましょう。

▼付属品の一覧

  • モップパッド(2セット※1セットはステーション内部に収納)
  • ブラシ
  • マニュアル類
  • 電源ケーブル
  • 磁気境界テープ
  • クリーニングツール(ステーション内部に収納)

Yeedi モップステーションの見た目

まずは見た目からレビューしていきます。

本体

本体は真っ白でコーディネートされていて

洗練されたデザインです。

通常のロボット掃除機と大きく異なるのが

本体のうしろに備えた二つのモップですね。

このモップがYeedi モップステーション最大の特徴になります。

上部にカメラとスタート・ボタンを搭載しています。

本体上面は透明のアクリルなのか?強化ガラスなのか?

高級感ただよう仕上がりで大変カッコ良いです。

裏面はこの様になっています。

▼裏面

吸い込み口のブラシを外して

メンテできる様になっています。

充電ステーション(モップステーション)

Yeedi モップステーションのステーションは大変大きいです。

ロボット掃除機の中では最大級の大きさではないでしょうか?

何を隠そう、充電はもとよりモップの洗浄も自動で行うので

ステーションは当然大きくなります。

上部がタンク収納部のフタになっています。

美しい仕上げのトップにyeediさんのロゴが決まっています。

▼ステーション・トップ部分

中には二つのタンクを備えています。

一つは洗浄用の水を蓄えるためのタンク、

もう一つは洗浄後の汚水を蓄えるためのタンクです。

掃除が終わると汚水タンクに汚水が溜まっていますので

処理することになります。

タンクを外すと中はこんな感じです。

▼タンクを取り外した状態

さらにステーションの前面には予備のモップと

ステーション内部洗浄用のブラシの収納スペースがあります。

気が利いてますよね。

Yeedi モップステーションの触った感じ

Yeedi モップステーション本体の素材は樹脂系プラスティックでしょうか?

手触りは良いです。

安っぽい感じもありません。

むしろしっかりとした作りの印象を受けますね。

大容量タンク

Yeedi モップステーションの最大の特徴でもある

大容量の給水タンクと汚水タンク、

たっぷり3.5Lの水が入りますので頼もしいですね。

清掃中のモップを湿らすための水は

本体内蔵の給水タンクから給水されます。

▼本体内蔵タンク吸水口

Yeedi モップステーションの性能

さて、肝心の性能に迫っていきます。

清掃能力

まずはなんと云っても清掃能力!

結論から云うと「非常に高い」です。

いかがですか?

ダイナミックな動きでしょう?

やはり二つの回転式モップによる「水拭き」「拭き掃除」は無敵ですね。

ゴミを集めるだけでなく

モップで床を水拭きするのがメインなので

床の綺麗になり具合が「格段」に違います。

モップによる拭き掃除・水拭き

実際にモップモードで掃除してみたところ

ロボット掃除機によるモップがけでこんなに綺麗になるのか?と

驚くほど綺麗になりました。

床がテリテリに光っています。

吸引による単なる「掃き掃除」だけとは異なる仕上がりに

新たな心地よさを感じました。

MEMO
後述しますが、ロボット・モップによる清掃後の「汚水の汚れ具合」を見れば、どれだけ綺麗になったのかが分かります。

Yeedi モップステーションのモップの回転数は「毎分180回」、

左右二つのモップが360度180回転します。

さらに床への圧力は「10ニュートン」です。

分かりにくいので「kg」に換算すると「約1kg」ですね。

(※厳密には1N=0.102kgf)

なので、まあまあの力でモップを押し付けている事になりますね。

「掃き掃除」にオプションで小さなモップがついていて

「水拭きしてくれる」と云うお掃除ロボットは多いですが、

そう云ったロボットと比較するのも憚られるほどの違いですね。

とにかく床が一番綺麗になるロボット掃除機は?

と聞かれたら水拭き機能を備えた

「Yeedi モップステーション」が有力候補になりそうです。

モップ自動洗浄

Yeedi モップステーションの最大の特徴の一つである

「モップ自動洗浄」ですが、

とにかくこの機能は素晴らしいです。

▼この映像をご覧ください。

この映像は一定時間掃除したあと、

モップ洗浄のためにステーションに戻ってきた

Yeedi モップステーションの様子です。

ステーション内部のタンクに入れた洗浄用の水で

モップを豪快に自動で洗ってくれます。

洗った時に使用した水はその後、汚水タンクへと移ります。

なので、掃除が終わると「汚水を処理する必要」があるのです。

汚水をそのままにしておくと臭いの原因になる可能性がありますので

その都度、汚水を捨てなくてはなりません。

「それはちょっと面倒だな・・・」と最初は思ったのですが、

実際の清掃結果と汚水を見ると納得しました。

▼実際の汚水がこちら

「お恥ずかしいですが、結構汚れてるでしょ?」

僕もこんなに汚れが取れるとは思っていなかったので

「これは、その都度捨てるの納得・・・。」となりました。

実際、たいした事ないだろうと1日ほど放っておいたら

見事に少し臭ってました(笑)

吸引・掃き掃除

当然ですが、Yeedi モップステーションはモップだけではなく

「吸引・掃き掃除」の機能が備わっています。

ただし、吸引能力は「最大2400pa」で

3000〜4000paクラスの吸引力のロボット掃除機と比較すると

やや非力ですが、そんなに吸引力は必要ないでしょう。

なぜならモップによる水拭きでホコリやチリも掃除されますので

吸引能力は少しくらい弱くても問題なさそうです。

回避能力

Yeedi モップステーションの回避能力は優秀ですね。

センサーとプログラムが優秀な様で

細かいところまで結構「攻めた」掃除をしてくれます。

ウチのソファはソファ下が低いのですが、

Yeedi モップステーションはソファの下までグイグイ行ってくれます。

思わず「ぐいぐい行くね〜っ」と呟きました(笑)

カーペットの回避

カーペットを認識して、カーペット回避をしっかりとしてくれます。

モップによる水拭き清掃をする場合

どうしてもカーペットを避けなくてはなりません。

ウチはリビングの中央にタイルカーペットを敷いていたのですが、

Yeedi モップステーションが自動認識して

カーペットは避けて通ってくれていました。

賢いですね〜。

▼カーペット回避の様子

段差

段差にも強いです。

1.5cmまでの段差は問題なくクリアしてくれます。

ウチの玄関の上がり口ははスノコ状になっていまして

たいていのロボット掃除機は

スノコの上を嫌ってそれ以上進みませんでしたが、

Yeedi モップステーションはガツガツと進んでいってくれました。

頼もしいですね。

もちろんスノコの先の玄関に落ちるような事はなく、

少々の隙間は乗り越えていってくれるようです。

▼スノコを乗り越える様子

もちろん落下することもありません。

落下予測もしてくれています。

まとめ

その他、操作性やアプリなども大変優れています。

詳しい内容は僕のブログの方で掘り下げていますので

ご興味のある方は是非下記リンクよりご覧下さい。

さらに詳しい内容はこちら▼

レビュー記事(雑記ブログ:Stutio Kamix内の記事への外部リンク)
ロボット掃除機】Yeediモップステーション〜モップによる本格「水拭き」&モップ自動洗浄機能

最後に

最後まで読んで下さってありがとうございます。

こういった記事がもし、気に入っていただけたら「いいね」「フォロー」「コメント」などして頂けるとワタクシ、カーミー大変嬉しいです。

よろしくお願いします。 m(>o<)m

筆者:カーミーが運営する雑記ブログ「Studio Kamix」への外部リンク
雑記ブログ「Studio Kamix」

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。