How to

小さな手描きイラストで作る『クリスマスのフレークシール』/カモのちょこっとイラストレッスン

カモ

イラストレーター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

12月は行事が多いですが、かなり目立つイベントといえばクリスマス。

今回の動画はサンタクロースやトナカイなど、クリスマスといえば!のイラストを
シール台紙に描いて、手作りフレークシールにアレンジします。

シールにしてストックしておくとすぐに使えたり、プレゼントにぺたっと貼ったりできるので便利です。
紙は「ラベルシール」のクラフト紙を使用しました。クラフト紙だと味のある仕上がりになります。
もちろん手帳やメモにイラストをそのまま描いてもOK!です。
【フレークシール】とは:形にそって1枚ずつ切り取られたシールのこと

<サンタクロース>
三角の赤い帽子。帽子のてっぺんに白い丸、縁を白く。
帽子の下に大きな丸を描いて、その中に目と口を描いたらシンプルなサンタクロースのできあがり。

<トナカイ>
四角い顔、左右に耳。
頭の上に大きな角を描きます。中を塗って顔と角を差別化。
鼻は赤く大きく描いて、クリスマスらしく。

<クリスマスツリー>
ツリーは全体的に三角の形のイメージで。上を小さく、下にいく程大きく。
3段くらいがバランスとく描きやすいです。線で描いてすっきり大人っぽく。
木の上に星、下に幹、を描いて出来上がり。

<デコ文字>
1:merry christmas、を文字と文字の間隔を少しあけて書きます。
2:文字の先端に丸を描きます。「i」「!」の点の部分を星にしてポイントに。

<ヒイラギ>
尖った葉が特徴。中心線を描いて、その左右にナミナミ。赤い実とセットで。

<プレゼント>
四角い箱。箱を描いたインクがしっかり乾いてから上からリボン。

クラフト紙に色数を抑えたイラストですっきり大人っぽく。
クラフト紙は少し色の濃いタイプを選ぶと白いインクが映えます。
重ね描きをするときは下のインクがしっかり乾いてから描くのがきれいに仕上げるコツです。

今回の動画がイラストを楽しむきっかけになったら嬉しいです。
Merry Christmas!

<使用画材>
・ポスカ ・極細(三菱鉛筆)[白、赤]
・ラベルシール:クラフト紙ダークブラウン(エーワン)

※イラストにご興味ある方フォロー・いいね!をお願いします ^o^/

…続きを読む