How to

  • いいね

ボールペン1本で描くイースターバニー『うさぎ』のイラスト5種類/カモのちょこっとイラストレッスン

カモ

イラストレーター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

年々認知度を上げている4月のイベント、イースター(復活祭)。
日付は年によって変わるのですが、今年は4月4日の日曜日だそうです。

今回はイースターのシンボル、イースターバニーの
「うさぎ」のイラストを5種類ご紹介したいと思います。

うさぎの顔はすべて同じものを使います。
体の向きや、組み合わせる小物やデザインで色々なイースターバニーに仕上がります。
色はボールペンの黒1本に絞って描いていきます。

[基本のうさぎの顔]
丸い顔に長い耳。
体を繋げるために首の部分を空けて輪郭を描くのがポイントです。
目を2つ、口と鼻は「く」を横に倒しただけでシンプルな顔の表現ができます。

●pattern1
続けて体を描いていきます。
胴を長く、お尻の部分を少し膨らませて丸く。
蝶ネクタイと、首元をV字にしてベスト。
EASTERの文字は少し隙間をあけて書くとお洒落な抜け感が出ます。

●pattern2
まずティーカップを描きます。
半円のカップに持ち手と台。模様はお好みで。
丸い手を添えて“基本のうさぎの顔”をひょっこり出してできあがり。
湯気風のふきだしの中にメッセージ。

●pattern3
“基本のうさぎの顔”から手を伸ばして花束を斜めに抱える感じに。
花の種類はお好みで。茎にはリボンを付けてイベント感をアップ。

●pattern4
“基本のうさぎの顔”から体を少し斜めに、足を伸ばして座るうさぎ。
しっぽをふわふわっと大きめに描いても可愛いです。
寄り添うように大きな卵。
卵に模様を描いてイースターエッグ。

●pattern5
“基本のうさぎの顔”を大きな丸で囲み、その中を塗ります。
その丸に沿うようにメッセージ「HAPPY EASTER」

イースターは「うさぎ」と「たまご」のシンボルと
海外発祥のお祭りということもあり、ティーカップやシルクハット、蝶ネクタイなども似合います。
色は季節柄、ピンクや黄色など春らしいやさしい色合いで表現されることが多いですが
今回はあえてボールペン1色1本でシックに仕上げました。もちろん色を使って描いてもOKです。

※年によってイースターの日付が変わる理由は
「春分の日以降の、最初の満月から数えて最初の日曜日」だからだそうです。
クリスマスやハロウィンと違い、毎年日付が変わるのでご注意ください。

今回の動画がイラストを楽しむきっかけになったら嬉しいです。

<使用画材>
・サラサクリップ (ZEBRA)[黒]0.5mm

※イラストにご興味ある方フォロー・いいね!をお願いします ^o^/

シェア

いいね

コンテンツへの感想