How to

  • いいね

水張りテープとミシン目カッターで『ハロウィン』チケット風シール/カモのちょこっとイラストレッスン

カモ

イラストレーター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

10月31日はハロウィンです。
「イラスト」と簡単な「もの作り」を組み合わせたチケット風のハロウィンシールをご紹介します。

シールに使う画材は『水張りテープ』です。
『水張りテープ』は表が紙、裏が切手のように糊がついていて、水をつけるとシールのように貼ることができます。
表が紙素材なので画材を選ばず、イラストを描くのに向いています。
水をつけなければ他のものにくっつくこともないので、たくさん作ってストックしておくこともできます。

表面にボールペンでイラストを描いていきます。
動画ではところどころに金のマーカーをポイントに使っています。

<黒猫>
横幅サイズに合わせて黒猫。目の部分を残して黒く塗りつぶします。四角く囲ってチケット風に。

<ガイコツ>
水張りテープはロール状なので、長さを自由に使えます。ここではガイコツを縦長に。大きな目と骨を組み合わせた体がポイントです。
ガイコツの詳しい描き方を記事『ハロウィンのガイコツイラスト』でもご紹介していますので、参考にしてみてください。
https://creators.yahoo.co.jp/kamo/0100141522

<おばけ>
あらかじめ四角く囲っておき、中のおばけのシルエットを残して周りを塗ります。

<HALLOWEEN>
大きく開けた口やカボチャ、蜘蛛の巣などを文字に絡ませるとハロウィン感のある文字になります。

ミシン目カッターでミシン目を入れます。
これでプチっと切り離せるチケット風に!

使うときは裏面に水を付けて貼ります。

『水張りテープ』は本来は水彩画パネルなどに使う画材ですが、今回は簡単シールにアレンジしてみました。
もの作りしながらのお家ハロウィンも面白いかなと思います。
今回のイラスト動画がイラストやもの作りを楽しむきっかけになったら嬉しいです。

<使用画材>
・水張りテープ(muse)[クラフト、38mm×35M]
・カッター:ミシン目ロータリー(OLFA)
・サラサクリップ (ZEBRA)[黒、0.5mm]
・マッキーペイントマーカー(ZEBRA)[金]

※イラストにご興味のある方フォロー・いいね!をお願いします ^o^/

シェア

いいね

コンテンツへの感想