タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【東広島市】フランスの世界遺産モンサンミシェルが東広島にも!?干潮時だけ現れる大芝島の小さな島

かなやん

ライター・編集(広島市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

突然だが、「モン・サン=ミシェル」はご存じだろうか。

そう、フランス西海岸、サン・マロ湾上に浮かぶ小島、及びその上にそびえる修道院である。
1979年、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録され、1994年10月にはラムサール条約登録地となった。

その「モン・サン=ミシェル」を思わせるような場所(?)が広島にもあるのだとか。
場所は広島県東広島市安芸津町。
広島市内からは車で約1時間20分ほど。

本州側から、大芝大橋を渡って大芝島へ。

「大芝島のモンサンミシェル」は島の北東側に位置する。

途中こんな道を通りながら・・・。

大芝島の全部が全部このような道路ではないが、「モンサンミシェル」近くの道路は道幅も狭くガードレールもないので運転には注意。

大芝島の北東に浮かぶ小さな島。
この島の前だけ干潮時に潮が引くと、小島へと続く砂浜の道が現れる。
そんな神秘的な姿から「大芝島のモンサンミシェル」と呼ばれているそう。

地図上では、ちゃんと「大芝島のモンサンミシェル」と表記されている。

ちなみにこの「モンサンミシェル」、上まで登れるのだ。
地元のテレビ局で紹介されて以降、観光客がちらほらと訪れるそうで、安全のためロープチェーンが設置された。

小さな島なので頂上まではすぐ。
お地蔵様があり、その先には小さな祠が。

上からの景色はこんな感じ。
瀬戸内海が少し高い位置から一望できる。

大芝島は一周6kmほどの小さな島。
人口も少なく、静かで、海も綺麗。
サイクリングにも適している。

道幅は結構狭いので運転にはご注意を。

大芝島のモンサンミシェル
所 広島県東広島市安芸津町風早

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想