タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【広島市中区】ひとり飲みも余裕!初訪から常連感が味わえる、気さくなご夫婦が営む「おばんざいBar睦」

かなやん

ライター・編集(広島市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

おばんざいとは、

京都で日常的に食べられているおかずをさすことば。
昆布や鰹節の出汁のうまみを生かし、安価な旬の野菜や乾物を調理する点に特徴がある。今日では、京都にみられる出汁の味を生かした総菜や酒の肴などを表すものとして世間で広く使われるようになった。
引用:コトバンク

そんなおばんざいが安価に食べられ、楽しくお酒を飲める場所が広島市中区十日市町にあった。

広島電鉄「十日市町」駅から徒歩約3分。
電車通りから1本入った通りにひっそりと店を構える「おばんざいBar 睦」。

店内はカウンター席と、

テーブル席が4つ。

んん・・・!?
よく見ると店内の至る所に楽器が。

聞けばこれらの楽器は店長の趣味で、たまに演奏されているのだそう。

「おばんざいBar 睦」は、とっても愉快なご夫婦が経営されており、ご主人の作る美味しい料理と、奥様の明るくて気持ちのいい接客が魅力だ。
ちなみに店名の由来は奥様のお名前から。

メニューは、店名にも入るおばんざいや一品料理が多数。
他にも日替わりメニューがあるが、こちらは店内の白板を参照。

注文すると必ず元気に「はいよっ!」と返してくれるホール担当の奥様。
何度も言うが、気持ちのいい接客・・・!

おばんざいメニューの中でもおすすめなのが「ポテトサラダ」。
ポテトサラダの他に生野菜がたっぷり!
この一皿で一食分の野菜は摂取できそう。
これがお値段300円は驚き。

「お刺身」お一人盛り700円。
6種類の刺身がこんなに入ってこのお値段。
お一人盛りだが2人で食べると丁度良さそう。
鮮度も抜群で美味しい。

「なすの揚げ浸し」400円。

「あげ白子ポン酢」600円。
大きくてぶりんぶりんな白子!
揚げてあるからポン酢がよく沁みて美味しい。

これはめちゃめちゃお酒がすすむ・・・!

「塩焼鯖」500円。

どれも安くて美味しくて、
ご夫婦の愉しい接客も相まってどんどんお酒がすすんでしまう。

初めての訪問にもかかわらず気さくに話しかけてくれ、お暇する頃には完全に常連気分。
楽しすぎて酔っ払い不可避です。

お見送りしてくれるご主人
お見送りしてくれるご主人

ちなみに、「黒生ビール」も楽しめます!

おばんざいBar 睦
TEL.082-297-4005
所 広島県広島市中区十日市町2丁目9-25
営 17:00~23:30
休 月曜

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想